ワーホリ・留学時のキャリーケース。サイズは?重さは?注意点をまとめました。

こんにちは、くるぶしです。

現在、カナダのバンクーバーで海外ニート生活中です。

ワーホリや留学に行く方は、「荷造り」も一つの課題ですよね。

僕は、「荷造り」が結構好きです。

RPGの装備を整えている感じでワクワクするんですよね。

僕の荷造りがうまいか下手かはさておき、「荷造り」をする際に必要となるキャリーケース。

そのキャリーケースの選び方について紹介します。

これから荷造りをしている方の参考になれば幸いです。

キャリーケースのサイズは

荷物を入れる「キャリーケース」。

これはかなり重要になると皆さん思いがちです。

僕もそうでしたが、実際そんなに重要じゃないです。

下記を目安に探せばOKです。(航空会社によって変動あり)

・サイズ:縦+横+奥行きの3辺の和が158cm以内

・重量:キャリーケース1つにつき23kgまで

・容量:60~80ℓ

 

以上が、ワーホリをする際のキャリーケースの目安となります。

航空会社が重要視するのは、重さのみ

僕は日本からカナダにいく際は、関西国際空港から行きました。

また、カナダのバンクーバーから、ハワイ経由で一時帰国もしました。

その際に利用したどの航空会社も重要視しているのは、サイズでなく重さのようです。

実際に一時帰国する際に、航空会社が指定するキャリーケースの規定サイズは148cm。

しかし、僕が持ち込んだキャリーケースは、158cmでした。

10cmもオーバー・・・

しかし、空港スタッフはサイズを測定することなく、重さだけ測定してました。

乗り換えで航空会社が変わる時も同様でした。

キャリーケースが指定のサイズをオーバーしているのにも関わらず、測定や聞かれることもなく、重さだけ計測して終了。

重さはオーバーしてないので、追加料金も一切ありませんでした。

重さも航空会社によりますが、キャリーケース1つにつき23キロまでというのが多いです。

オーバーしていた場合は、超過料金がその都度かかります。

サイズではなく、重さに重点をおき、荷造りをしましょう。

高いキャリーケースは買わなくていい

容量は60~80ℓを目安にすると、だいたい1週間分くらいの服などが収まります。

3万も5万もするような、高いキャリーケースを買わなくて大丈夫です。

なぜなら、最初の移動だけでほとんど使いません。

到着後はただのタンス代わりくらいにしかなりません笑

また、カナダだとWalmartというところ(日本のイオンみたいなところです)で、キャリーケースが100ドル(日本円で約8,000円)くらいで買えたりします。

質はまあまあ、鍵だけ別購入しないといけませんが、100均の鍵で十分かなと思います。

なので、安いものを購入して、もし壊れたら、現地で購入!!って感じで大丈夫です。

自分の体にあったサイズ選びをすべし

一回り小さいキャリーケースもお勧め

上記のサイズ表などは、「最大」の目安です。

でも、「荷物をできるだけ持っていく」ことにとらわれると厄介です。

僕は身長が158センチ(奇しくもキャリーケースの和と同じ数値)と小さいです。

そのため、大きいスーツケースってかなり持ち歩きにくいです。

しかも重い・・・

僕の友人は、キャリーケースの三辺の和が158cm以下の一回り小さいものを使っていました。

荷物は少なくなりますが、移動のしやすい。

小回りがきいて使いやすいなと思いました。

海外の道路は、日本ほど舗装されてないので、移動しにくい時もあります。

女性の方だと特に、重たい荷物での移動は大変かと思います。

一回り小さいキャリーケースもおすすめかと思います。

荷物は最小限に

夏に渡航するのであれば、とりあえず夏物だけ詰めましょう。

冬物は日本から送ってもらう・もしくは現地で購入するというのも一つの手です。

僕は、オールシーズンの服を持ってきていました。

一応、おしゃれもできるようにしてました笑

でも、カナダは夏は半袖短パン、冬はとにかく防寒という服装になります。

おしゃれに気を使っている人は少ないです。

それは、冬だと、バンクーバーは雨、トロントは雪のせいで服が汚れやすいからです。

また、洗濯機・乾燥機も強烈なので、服も傷みやすいです。

荷物の中で、「服」が一番かさばります

そのため、みんな最大のキャリーケースを選びがちになります。

持っていく服を必要最低限にしましょう。

そうすれば、キャリーケースもその分小さいもので済みます。

前述した、日本からの送付や現地購入という手段もあります。

ストレス軽減のためにも小さめのキャリーケースの方が個人的にはおすすめです。

タイヤは4輪のものを選ぼう

キャリーケースのタイヤは、2輪のものと4輪のものとあります。

4輪のものを選びましょう。

理由は、

・2輪のものだと、常にキャリーケースを傾けないと走行ができない

・2輪のみなので、タイヤに負荷がかかり壊れやすい

からです。

4輪だと傾けなくても走行できます。

また、走行時のキャリーケースのタイヤにかかる負荷が均一になります。

あと、現地に到着してキャリーケースを置く場所がありません

部屋が狭いのと、意外とベッドの下にキャリーケースが入らないってことがあります。

2輪だと壁に立てかけておかないといけなくもなってしまいます。

4輪の方が安定感もあるので、そんな心配もありません。

ですので、4輪のキャリーケースを選びましょう。

まとめ

以上、キャリーケースについてでした。

僕は最初にキャリーケース一個とリュック一個できました。

荷物が多くて、冬なのに汗ばみながら運びました。

もうちょっとスマートに済ませれたらなと思ってました笑

これからキャリーケースを選ぶ方の参考になれば幸いです。

 

ちなみに先日「ダッフルバック」というものを購入しました。

「ダッフルバック」については、こちらをどうぞ

 

ダッフルバックを実際に使ってみた。おすすめは?メリット・デメリットをまとめました。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(カナダ)へ
にほんブログ村

関連記事

カナダワーホリに必要な荷物について

 

「ゆるホリ」というPodcastsもやってます。

こちらも参考にどうぞ

10.カナダに必要な荷物はなに?

 

<note紹介>

カナダのコンドーム事情について書いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です