英語の勉強にオススメ!3つの英語教材

こんにちは、くるぶしです。

現在、カナダのバンクーバーで海外ニート生活中です。

海外にこれから行く方は、留学前や渡航前など、効率的に勉強したいですよね。

・どういう風に英語の勉強をしたらいいのか

・どういう教材がおすすめなのか

など分からなかったり、不安に感じる方も多いかと思います。

僕もそうでした笑

今回は海外に行く前に使えるオススメの3つの英語教材について紹介します。

その① 中学 英語を もう一度ひとつひとつわかりやすく


 

「今更、中学の英語を?」と思うかも知れません。

しかし、やはり会話をする上で文法は重要です。

例えば・・・

日本に日本語を学びにきた留学生がいたとします。

その人があなたに言いました、

ご飯、あなた、夜、食べる、一緒、したい」と。

「あ、今日、一緒に晩御飯を食べに行こうっていいたいのか?」と理解できると思います。

でもこれは、日本語のネイティブのあなたは理解できます。

でも、これは相手の日本語ができているからではなく、あなたが読み取っているからです。

英語も同様です。

単語だけでも伝わります。

でも、それは相手が汲み取ってくれているから成り立っているのです。

文法に意識が集中しすぎて話せないのもダメです。

できるだけ正しい文法で話せるようにするとコミニュケーションもより円滑になります。

難しい表現を学ぶ必要はありません。

まずは簡単な「中学英語」をもう一度復習しましょう♬

またノートなどに文法を書く際の注意点があります。

出来るだけ書いた英文を「喋る」ようにしましょう。

そうすると、口でのアウトプットができます。

実際に会話をする時によりスムーズに話せることができるようになります。

早く話す必要はありません。

ゆっくりと正しい文法を話しましょう。

文法が正しければ、相手側がアクセントが伝わりにくい場合でも、文法から意味を汲み取ってくれたりもできます。

自分が聞く場合も同様ですので、文法は大事ですよ♬

その② どんどん話すための瞬間英作文トレーニング


 

こちらも内容は「中学英語」レベルではあります。

中学英語レベルの簡単な英作文をたくさん行います。

ただ、内容は書くものではありません。

口頭でスピーディーに文章を思い浮かべて、英語にしていくというものです。

日本の中高で学んだ英語は主に読み書きだったと思います。

テストでリスニングやアクセントの問題が出ても、それほど多くはなかったと思います。

残念ながら、日本の英語教育は話すや聞くが圧倒的に足りません

リスニング力も上げる必要はありますが、リスニング力アップはこちらの勉強方法を参考にして下さい。

Netflixを使った4つの勉強方法を紹介します。

 

リスニング力も大事です。

しかし、聞いてばかりだと「この人は大人しいな、あまり話したくないのかな」と思われたりします。

話す訓練もしましょう。

会話なので、聞いてばかりだと相手も疲れてきます。

こちらの教材はそんな「話す力」を身につけるのに最適です。

簡単な文章から、すぐに文章に変換して、話す(アウトプット)できるようにしていきましょう♬

もちろん、この教材を使った際でも早く話す必要はありません。

英語は早く喋った方がかっこいい」というのはあります。

でも、やはり意味が伝わらないのでは本末転倒です。

この教材で鍛えるのは「頭の中で早く文章を作る」ということです。

「早く話すため」のものではありませんので、使い方を間違えないようにしましょう。

その③ 会話もメールも 英語は3語で伝わります

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

会話もメールも 英語は3語で伝わります [ 中山 裕木子 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2019/5/14時点)


 

日本人の英語はついつい長くなりがちです。

それは、「when」や「if」をよく使いがちになるからです。

これを読むと「そういう風に考えればいいのか」と驚きがあります。

また、会話力が上がる気がします。

論理的に説明がされているので、分かりやすくかつ納得しやすいです。

簡潔に短く」を心がけて、英語力をあげましょう♬

この本を読んだ後に、実践してみましょう。

日常を英語で表現したり、日記を英語で書いたりするとより身についてきます。

特に「It is ~」や「There is/are~」と言った「日本人がよく使う表現」を使用する機会が減ってきました。

意識して、取り組むと最初は難しいですが、徐々に慣れてきます。

まとめ

以上、僕がオススメする「留学前、3つのオススメ英語教材」でした。

上記の3冊の教材を参考にして、「短い文章でゆっくり話す」ことを気をつけましょう。

そうすれば、文章もすぐに簡潔なものが思い浮かびます。

また、会話もよりスムーズにできるようになります。

「長い文章を話している方が英語を喋っている感」があります。

しかし、何度も言うように大切なことは「相手に伝わること」です。

単語だけ、適当に言って話したり、長い文章をダラダラと話すのはやめましょうう。

「結局、結論は何?」、「この人はこう言うことが言いたいのかな?」など、相手任せな英語はやめましょう。

伝わる英語を身につけましょう。

今回紹介した3つの教材は、もちろん留学前だけでなくても、いつ使っても大丈夫です。

事前に勉強しておくと、留学先でネイティブと話すときによりスムーズに話せるようになります。

ぜひ試してみてください♬

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(カナダ)へ
にほんブログ村

関連記事

英語の勉強でやるべき5つのこと

 

「ゆるホリ」というPodcastsもやってます。

こちらも参考にどうぞ

4.英語の勉強、どうしたらいいの?

 

<note紹介>

カナダのコンドーム事情について書いています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です