カナダでTシャツ買うならどこで買う?walmartのTシャツが最強です。

こんにちは、くるぶしです。

現在、カナダのバンクーバーで海外ニート生活中です。

海外で生活していると、みんなシンプルな服装していることが多いですよね。

無地のTシャツ一枚に、デニムやスエットパンツという服装をよく見かけます。

夏は、その格好で冬はプラスでコートを着るくらい。

なんだかミニマリストですよね。

そして、服装に悩む時間もなくなり快適です。

そんな姿に憧れて、無地のTシャツを探す方も多いはず。

しかし、カナダは洗濯するのも週に1,2回程度。

そうなると、Tシャツも数が必要ですね。

安くかつ複数枚のTシャツを購入したい方、必見です。

今回は、Tシャツについてお話しします。

WalmartのTシャツが最高

結論から言うと、WalmartのパックTシャツが最高です。

HPはこちら

 

GeorgeというブランドのTシャツです。

基本情報

値段:14ドル(日本円で約1,200円)くらい。

枚数:4枚入り

色:白か黒の2色展開

形:丸首のみ

素材:綿100%

サイズ展開:S~2XL

他にもHanesのパックTシャツも売っています。

こちらは、Vネックの展開もあります。

HPはこちら

HanesよりGeorge

個人的には、HanesよりGeorgeがおすすめです。

まず、Gerogeの方が5ドルほど安いです。

中に入っている枚数は同じです。

色も2色展開で同じです。

唯一、Hanesが優っているのは、Vネックの展開もあるというところです。

素材はどちらも綿100%です。

しかし、本当に同じ素材か?

という決定打がありました。

僕は、どちらも購入しました。

そして、使用すること数週間。

Hanesには、毛玉がいくつかできました。

しかし、Georgeは、毛玉ができません。

購入時と同じ素材の滑らかさが残っています。

個人的にHanesが合わなかったのかもしれませんが、Hanesを着ているときは、肌荒れもありました。

しかし、Gerogeに変更すると肌荒れが治りました。

以上のことから、僕はGergeをおすすめします。

サイズの目安

僕は、身長が158cmの体重が56kgです。

筋トレしているので、ややがっちり体型です。

海外のサイズだから大きいかなと思いましたが、日本と同じくらいのサイズ感です。

Sサイズだと、体にピッタリした感じで着れます。

Mサイズだと、ちょうどいいくらい

Lサイズだと、ゆったり着れてます。

参考までにこちらがサイズ表です。

洗濯すると、少しだけ縮みます。

なので、ワンサイズ上くらいで購入するとちょうどいいかもしれません。

カナダの洗濯は週1回のみ?服は縮む?トロントとバンクーバーの洗濯事情を解説します。

 

アパレルショップでTシャツ購入

Tシャツにこだわりたいという人は、H&Mのようなアパレルショップで購入すればよいと思います。

値段は少し高くなりますが、カラー展開も多いです。

また、古着でも良いという方は、Value Village(バリュービレッジ)というお店がおすすめです。

こちらは古着屋ですが、買取はしておらず、服や物など不要になった人が、「寄付」という形でお店に物を渡します。

そのためか値段も基本的に安いです。

またたまに半額セールもあります。

様々な場所にありますが、場所によって売られている商品も異なります。

お気に入りの場所を見つけるもの楽しいかと思います。

HPはこちら

海外生活は無地のTシャツがおすすめ

海外でTシャツを着るなら無地がおすすめです。

理由は、海外では筋肉がファッションだからです。

Tシャツのデザインに二の腕を鍛えましょう。

そして、プリントTシャツは、洗濯機の熱湯や乾燥機の高温で溶けたりすることがあります。

なので、無地Tシャツがおすすめです。

カナダのトロントのおすすめジムはGoodLife FITNESSです。

 

バンクーバーの4つのおすすめジムについて紹介します。

 

まとめ

以上、Tシャツについてでした。

個人的には、walmartのGeorgeが一番おすすめです。

これから暑くなる季節。

さらっと着れるTシャツを購入して、外に出かけましょう。

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(カナダ)へ
にほんブログ村

 

<note紹介>

夏に起こったしょうもない出来事について書いてます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です