話と違う?カナダワーホリ生活で感じた6つのギャップ

こんにちは、くるぶしです。

現在、カナダのバンクーバーで海外ニート生活中です。

カナダに来て1年と半年が経ちました。

実際に生活してみると、「聞いてた話と違うな」とか、「自分のイメージと違った」ということが多々あります。

今回は、僕が感じた6つのギャップについてお話します。

カナダにGはいない?

G・・・・

うん、そうだな。

敬意を払いゴキブリと呼ぼうか

 

 

カナダに来る前にエージェントで「カナダはゴキブリいないよ〜」と聞いてました。

また、Twitterでも、2年3年と滞在歴の長い人が「カナダはゴキブリいない」とか言ってたりします。

 

めちゃくちゃいます!!

 

僕が住んでいる家は、ガスタウンのヘイスティングストリートというバンクーバーでも治安の悪いところです。

外に出るとホームレスの方がたくさんいます。

それも原因の一つかも知れませんが、部屋にゴキブリが出たりします。

ただ、日本のゴキブリよりも小さい。

サイズでいうと、ダンゴムシくらいのサイズ感です。

ちょっと細長い感じもします。

そのせいか、初めてみた時に「ゴキブリだ!!」と認識ができませんでした。

カナダは日本と違い乾燥しているので、ゴキブリが小さいです。

でも、います!!

確実にいます!!

カナダ生活中に出会わないことを願います。

バンクーバーの冬は寒くない?

僕はトロントの冬を経験してから、バンクーバーに来ました。

そのためバンクーバーの冬は寒くなかったです。

1月に日本の大阪に帰国した際も、室内が暑くて、半袖でいました。

それでも暑かったので、外に出て体を冷やしてました。

しかし、実際にバンクーバーの冬は寒いと聞きます。

僕がいた年は3,4回ほど雪が降って積もりました。

気温も1桁が日常で、体感温度だとマイナスに達することも珍しくありません。

雪国出身の友人も「バンクーバーは寒い」と言っていました。

別記事で、ヒートテックは必要ないと公言してますが、人によっては必要かもしれません。

カナダワーホリ生活ではユニクロが最強アイテムすぎる!ヒートテックはいらない?

 

ただ、室内はめちゃくちゃ暖かいです。

セントラルヒーターが発生しているので、半袖で過ごせます。

ショッピングモールとかだと、コートを脱いで半袖で歩いている人をよく見かけます。

それくらい室内は暖かいです。

その分、乾燥もひどいですが・・・

なんせ、バンクーバーの冬は寒くないは嘘でした。

ちなみに、トロントは寒すぎます。

室内はバンクーバー同様暖かいですが、外は極寒です。

寒すぎでウイルスも死んでいるのか、意外にも風邪は全く引きませんでした。

Wi-Fiが使いずらい?

僕がカナダに渡航する前に、エージェントの人から「カナダのWi-Fiは、繋がり辛い」と聞いてました。

また、「家でWi-Fiを使いすぎると怒られる」ことがある。

場合によっては、「料金を支払わされる」とも聞いていました。

実際に生活してみますが、全くそんなことはないです。

僕はトロントでは引越しを2回しました。

また、バンクーバーでも引越しを2回経験しました。

合計4件の物件で一日中、Netflixとか見てましたが、繋がりが悪いと感じたことは一度もありませんでした。

同様に、オーナーから「Wi-Fiの料金を払え」と言われたこともありません。

もちろん物件によるので、一概には言えません。

また、物件だけでなく、カフェや公共施設でWi-Fiを使う際も快適でした。

物件同様に「繋がりが悪い」と感じることはありませんでした。

むしろ日本の方が、繋がりが悪いと思います。

一時帰国した際は一年ぶりの日本ということもあり、少し改善されていました。

それでもWi-Fiのスポットもカナダと比べると少ないと思いました。

また、駅だと繋がりが悪い・・・

カナダのWi-Fiは、日本のWi-Fiよりも繋がりやすい

日本よりもWi-Fiスポットが多い

というのが事実です。

カナダワーホリの携帯とwi-fi事情

治安が悪い?

カナダは治安がいいと聞きます。

トロントとバンクーバーで生活しましたが、その通りでした。

ホームレスはたくさんいます。

トロントだと、各駅にホームレスが一人二人は必ずいて、物乞いをしてます。

バンクーバーでは、ヘイスティングストリートというところに密集してます。

ただ、危害を加えられたことは一度もありません。

こちらも警戒しているし、男という性別というのもあると思います。

ホームレスがいるだけで治安がいい・悪いと捉えるのは人の価値観によります。

というか、そういう面では日本が安全なんだと思います。

日本では、カフェや図書館で荷物を置いてトイレに行っても盗まれる心配もありません。

海外ではその行為は非常識です。

オーストラリアだと、白人主義なので、アジア人がいたら、生卵をぶつけられるという話も聞きます。

カナダでは、そんな人種差別を受けたこともありません。

そう行った経験を考慮すると、カナダは治安がいいと思います。

メープルシロップが人気?

カナダで定番のお土産といえば、「メープルシロップ」ですよね。

お土産やさんに行くと、「これでもか!!」とばかりに売っています。

が、実際に生活していて使う機会は全くありません笑

トロントで生活していた際に、カナディアンのオーナーと住んでいました。

本人が言うには、「メープルシロップなんて使ったことない」とのことでした。

はちみつで十分とのこと笑

実際にご飯やカフェに行っても、「メープルシロップのメニュー」を見たりすることもありません。

なんで、使ってないものをこんなにプッシュするんだ?と言うくらい、実生活でメープルシロップは登場しません笑

帰国の際にお土産に買おうかとしましたが、「いつ使うんだ?」と思いやめました笑

メープルシロップのクッキーくらいでちょうどいいと思います。

瓶は重いですしね笑

白人が少ない?

僕が無知というのもありますが、カナダはもっと「白人ばかり」と思っていました。

トロントでは、移民してきた人(1世)が多かったです。

半年間生活してましたが、カナディアンにあった数は10回もありませんでした。

トロントで一緒に住んでいたカナディアンのオーナーが言うには、カナディアンの割合は年々減ってきているとのこと。

2,3割くらいしか白人のカナディアンはいないらしいです。

 

一方で、バンクーバーはカナディアンは多いですが、移民してきた人たちの子供(2世)ということが多いです。

特にアジア人が多いイメージです。

なので、「白人」を見かけることが個人的には少ないなと思いました。

ちなみに、3年くらい前にバンクーバーにワーホリに来た人の話を聞くと、「白人が増えた」とのことです。

真相は、トランプが大統領になって、アメリカから人が流れてきたとのこと。

それだけ政治に関心を持っている人が多いって大事ですね。

まとめ

以上、カナダで生活した6つのギャップでした。

今回は、お役立ち情報という感じではなかったかもしれません。

カナダに住んでいる人は「あ〜あるある」と言えるし、これからカナダに来る人は「そうなんだ〜」くらいで思ってくれたら幸いです笑

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(カナダ)へ
にほんブログ村

<note紹介>

カナダのコンドーム事情について書いています。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です