カナダワーホリ費用・資金は50万で十分!格安・激安で海外へ行こう!!

こんにちは、くるぶしです。

現在、カナダのバンクーバーで海外ニート生活中です。

ワーホリをする際に一番気になる「費用」

エージェントに行くと200万は必要と言われます。

「200万もいるなら諦めるか・・・」と思ったそこの貴方!

安心してください!!

200万も必要ありません!!

僕の経験談を元に、格安・激安で行く方法をお伝えします。

ワーホリ費用は50万円で十分!!

必要な費用は?

どうして、エージェントは「200万必要」というのかというと、語学学校代などが含まれてくるからです。

例:エージェントが公開している費用

出費項目 費用
ビザ申請料金 約2万円
往復航空運賃 約15万円
海外留学保険(年間) 約20万円
学費(4ヶ月) 約50万円
宿泊費/生活費(月10万) 約120万円
合計 約205万円

 

語学学校の料金は目安ですが、だいたい月10万円ほど。

入学金もかかってくるので、4ヶ月で50万ほどしてきます。

エージェントから申し込みすれば、割安になったりもします。

50万で十分

僕の感覚ですが、カナダのワーホリの費用は50万もあれば十分です。

例:僕がカナダに行く場合の費用

出費項目 費用
航空券 約10万
生活費(3ヶ月) 約30万
ビザ代や保険代 約10万
その他費用 約10万
合計 約50万

 

だいぶざっくりですが、こんな感じです。

・航空券は格安航空を使う

・保険代は、安い保険を探す

などがポイントです。

また、ワーホリは一年間ですが、3ヶ月分しか記載していないのもポイントです。

理由は、「改善される」からです。

上記のエージェントの例では、エージェントは一年間の生活費に120万かかると記載していますが、そんなにかかりません。

僕の生活費

出費項目 費用
家賃 480ドル(日本円で約4万円)
食費 100ドル(日本円で約8千円)
交通費 自転車のため不要
携帯 未契約・家のWi-fiで十分
合計金額 約600ドル(日本円で約56,000円)

だいぶざっくりですが、僕の生活費はこんな感じです。

ここにプラスで交際費などの遊び代が入ってきますが、個人によりますね。

自転車があるので、定期代は基本的に不要です。

携帯も外にいる際は、カフェなどの無料のWi-fiなどを使っているので、契約代が不要。

という感じです。

カナダワーホリの携帯とwi-fi事情

 

最初の方は、どこのスーパーが安いと言った情報もないです。

日本と金銭感覚が違ってついつい使いすぎるということはあります。

 

お金の使い方が改善される

3ヶ月もすればお金の使い方は、改善されます!

日本で一人暮らしの経験者だと、3ヶ月もかからないと思います。

生活しているると、「これは無駄だったな」や「使いすぎたな」という感覚が少しずつ育っていきます。

また、現地の環境や仕事などにも慣れたら、より家賃の安いところに引っ越したりと節約する方法も変わってきます

僕の「50万でもいける」は、現地到着から3ヶ月後までしか書いてません。

それは、3ヶ月もあれば節約方法も学ぶし、仕事で生活費も遊び代なども稼ぐことは十分可能だからです。

「ワーホリに一年間、行って帰ってくるのに200万必要」

と言われるより、

50万あれば少なくとも3ヶ月間は現地で滞在可能

な方が現実味が湧いてきませんか?

もし、資金がなくなってもクレジットカードで航空券を買えば帰国することもできます。

語学学校に通うかどうかも現地で決めることは可能です。

語学学校に行く?行かない?3つのメリットとデメリットを説明します

 

現地に行って、「合わない」や「仕事がどうしても見つからない」など、問題があれば帰国したらいいだけです。

50万払って4ヶ月語学学校通う予定だったけど、途中で合わないと感じた」となるより、よほど時間もお金も節約できます。

エージェントの言う「50万で語学学校に4ヶ月通う」より、「50万でとりあえずカナダに行って、3ヶ月間生活してみる」をやってみましょう。

「後が無い」と追い込まれる感もあるので、英語の勉強も仕事探しもより真剣になれます。

最速で仕事を見つよう!!

渡航後は、「スピード感」が重要です。

だらだらせずにさっさと仕事を見つけて、生活費を稼げるようにしましょう!!

仕事を見つけるために

1ヶ月もあれば仕事は、必ず見つかります!!

現地に着いたら、すぐに仕事を探しましょう!!

余裕のある方は、カナダに到着の数日前くらいから、気になる仕事や職場に対して、面接の応募などをしておくとよりスムーズです♬

オススメは飲食店です。

賄いなどが出るので、食費が浮く可能性が高いですし、常に人を募集しているからです。

また、残り物もあれば持って帰ってOKという時もあります。

50万もあれば、3ヶ月は生活可能なので焦る必要はありません。

でも、「スピード感」が大事なので、躊躇せずにすぐに行動しましょう!!

仕事が見つかれば一安心です。

金銭面だけでなく、精神的な余裕も生まれます。

仕事が見つかった後

こちらも急ぐ必要はありませんが、他に住みやすい場所やより働きやすい仕事がないかなど探しましょう。

最初の場所や職場に固執してしまうと「自由度」がなくなってしまいます

仕事をしつつ他の仕事を探せば、スムーズですので、こちらは焦らずにゆっくりやりましょう。

スピード感が大事と言いましたが、焦りすぎにも注意です。

ブラックな職場を選んだり、家賃が高くて職場から離れている家を決めてしまったりと、失敗する可能性が高くなってしまいます。

失敗すると、落ち込んでしまい、そこからまた失敗の連鎖が広がりやすいです。

焦らずに、優先順位を考えながら行動しましょう。

僕の失敗、費用を公開!!

僕が使った費用

僕は語学学校に半年間通っていました。

そして、当時の費用がこちらです。

出費項目 費用
語学学校代 約70万
ホームステイ代 約9万
エージェントへの手数料 約4万
生活費(4ヶ月) 約40万
航空券 約13万
保険代 約4万
ビザ代 約2万
雑費 約8万
合計 約150万円

 

雑費は、キャリーケースや電圧プラグなどの海外に必要そうなアイテムを購入していたら、結構高くつきました笑

でも、海外に向けて、荷物を揃えているのってRPGで新しい武器や防具買う感じみたいで、ワクワクするんですよね〜笑い

 

僕の失敗

留学エージェントを利用したことと、半年間の語学学校に通うという選択をしたことが、もったいなかったなと思いました。

語学学校やエージェントを利用しない場合だとエージェントの料金が浮きます。

必然的にホームステイも使わなくなるので、恐らく80万近く浮きます!!

80万もあればもっと違う使い方ができました。

例えば、

・フィリピン留学やセブ島留学を利用してみる

 

・オンライン英会話を利用してみる

などです。

どちらの場合でも、1ヶ月間とひとまず期間を決めましょう。

もし良さそうなら延長するという風にもできます。

 

こちらの記事も参考にどうぞ

オンライン英会話を比較。レアジョブ・hanaso・エイゴックス。おすすめは?

 

語学学校も後からの延長もできますが、先に支払った方が安くなりやすいので、長期で申し込む人が多いです。

語学学校に行く理由の一つ、「英語の勉強」に着いては、フィリピン留学やオンライン英会話の2つの方法で解決できます。

「友達作り」MeetUpというアプリを利用したり、職場で交友を広めることもできます!!

実際に僕は通っていた語学学校のあったトロントからバンクーバーに移りました。

バンクーバーでも、職場経由などで友達ができましたので安心してください。

節約術は?

もちろん現地での節約も大切です。

節約術は下記の2点です。

・自炊する

・ポイントカードを駆使する

一つずつ説明していきます。

自炊する

カナダは外食すると高いです。

というか、日本が安すぎるのだと思います。

100円あればコンビニでパンかおにぎりを買うことができます。

500円もあれば牛丼屋や時には定食屋のセールなどで、お腹いっぱい食べることができます。

一方カナダは、安くても10ドルくらいはしてきます。

しかも美味しくない・・・

おまけにチップも払わないといけません

なんだかんだで、軽く外食するつもりでも安くて15ドルくらい(日本円で約1,200円)してきます。

自炊すれば、かなり安くすみます。

海外のスーパーは、野菜も肉も全てのサイズが大きいです。

こまめに購入しても1週間に一回の買い物をすれば、過ごせます。

僕も自炊してましたが、安いときは月に70ドルくらいですみました。
※同じメニューばかりでも気にならないので笑

周りの人もだいたい200ドル以下で自炊している人が多いです。

なので、節約の最大の秘訣は自炊です!!

ポイントカードを駆使する

カナダに住むと利用することの多いスーパー。

No Frillsやカナディアンスーパーストア、ドラッグストアのShoppersなどで使えるポイントカードがあります。

普通に系列店などで買い物しただけではポイントはイマイチ溜まりませんが、アプリからクーポンを利用すると激変します!!!

No Frillsですと、毎週金曜日がフライヤーの日となっていて、クーポンが配信されます。

アプリにある指定商品を購入してすると、ポイントが劇的に溜まっていきます。

1万ポイントで10ドルとして利用できるので、溜まった際はご褒美に何かいいものを買ってみるのもいいですね♬

まとめ

以上、「ワーホリ費用は50万もあれば十分!」でした。

・格安航空券を買う

・保険は安い保険を探す

・仕事をすぐにする

・語学学校は必要と感じたら行く
or
フィリピン留学する

がポイントです。

もちろん国によって費用は変動しますが、実際に現地に行ってしまえば、これくらいの費用で済みます。

エージェントが言う様に200万円も必要ではありません。

やりくりは必須ですが、費用を抑えながら素敵な海外ライフをお楽しみください♬

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(カナダ)へ
にほんブログ村

関連記事

ワーキングホリデーのエージェントについて。安く行きたいなら、利用はお勧めしません。

 

激安・格安で留学やワーホリに行くための3つの方法

 

「ゆるホリ」というPodcastsもやってます。

こちらも参考にどうぞ

24.ワーホリの費用について

 

<note紹介>

夏に起こったしょうもない出来事について書いてます。

夏の出来事

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です