カナダのシェアハウス。バンクーバーとトロントの家探しを紹介します。

こんにちは、くるぶしです。

現在、カナダのバンクーバーで海外ニート生活中です。

カナダにワーホリ・留学された方は、新しく家探しをしないといけないですよね。

・家はすぐに見つかるかな?

・どういう風に探したらいいかな?

など不安や分からないことも多々あると思います。

僕は、トロントで2回の引越し、そしてバンクーバーでも2回の引越しをしました。

その経験から、シェアハウスを探す時の注意点について解説します。

これから家探しをする人の参考になれば幸いです。

そもそもシェアハウスとは

シェアハウスとは、家をシェアすることです。

シェアする家は、一軒家がメインです。

マンションの一室や、一つの住居に複数人が生活しています。

日本だと、一人暮らしをすることが多いです。

なので、あまり馴染みがないかと思います。

家族と一緒に住んでいる家で、住んでいる人が知らない人(最初は)というイメージです。

シェアハウス以外にも、ルームシェアもあります。

ルームシェアは、上記同様に部屋(ルーム)をシェアします。

ハウスシェアだと、自室(オウンルーム)を利用できる可能性が高いです。

一方で、ルームシェアだと同じ部屋での寝泊まりとなります。

シェアハウスの探し方

シェアハウスにしてもルームシェアにしても基本的には探し方は一緒です。

・ネットで探す

・友人orエージェントでの紹介

がメインとなってきます。

順番に紹介していきます。

ネットで探す

ネットで探す場合もいくつか種類があります。

日本語対応

e-maple(イーメイプル)

Jpcanada(Jpカナダ)

 

英語対応

Craigslist(クレイグスリスト)

Kijiji(キジジ)

Airbnb(エアービーエヌビー)

 

トロント在住時

トロントにいた際は、e-mapleを利用していました。

日本人向けのサイトなので、英語が苦手な方にも利用しやすいです。

僕が実際に家の見学(内見)をする際も、すでに住んでいる日本人が案内をしてくれたので分かりやすかったです。

3件中3件に日本人がいました。

 

バンクーバー在住時

対してバンクーバーでは、jpcanadaを使いました。

こちらもe-maple同様に日本人向けなので、日本語で書いているため利用しやすく、すでに現地に住んでいる日本人が案内してくれました。

 

英語サイトについて

英語サイトに関しては、ごめんなさい・・・

正直なところ、Airbnb(エアービーエヌビー)しか使ったことがないです。

ちなみにこのサイトは、日本語への変更も可能です。

でも、オーナーが日本人とは限りません。

最初は、オーナーとメッセージのやり取りをします。

英語が分からなければ、Google翻訳を使えばOKです。

長期ではなく短期向け用の印象です。

使い方としては、カナダに渡航して、数日の借り住まいとして利用。

その間に長期滞在する家を探すという風に利用できます。

なので、料金も1ヶ月住むにはちょっと高く感じるかもしれません。

ただ、ミニマルステイ(最低、この期間は滞在しないといけませんよ)はないです。

好きな時に出ていけるというメリットもあります。

友人orエージェントでの紹介

こちらは、タイミングによります。

友人やエージェントに「最近、住む家を探してる」というと、家や部屋を紹介してもらえるかもしれません。

友人やエージェントなので、詳しく聞きやすいのがメリットかと思います。

自分で見学に行くスタイルは、危険な目にある可能性もゼロではありません。

知り合いやエージェントに相談してもらうというのは、安全性も高いというのもメリットです。

友人は、この「紹介」パターンで家を見つけていました。

紹介された家は、同じ国籍(日本人)ばかりで英語の勉強は難しいです。

ただ、価値観が近いので生活していてストレスが少ないと言っていました。

シェアハウスの相場は?

僕の感覚ですが、月400~600ドルくらいです。

日本で一人暮らし経験がある方ならイメージしやすいかと思います。

基本的には、

場所が便利(ダウンタウン近くや駅近くなど)

室内のクオリティ(自室があったり、プールがあったりなど)

などによって料金は高くなっていきます。

クオリティがいいところだと、月900ドルくらいしてきます。

コンドミニアムとか多いです。

友達が住んでましたが、プールにジムにジャグジーにとめちゃくちゃ豪華でした・・・

結局のところ、家賃の相場に関しては、ピンキリです。

ご自身が払える金額を把握して家探しをすると良いでしょう。

ただ、

・高いとクオリティが高い

・安いとクオリティが低い

です。

もちろん例外もあります。

家賃の安い家だと、

・暖房があまり効かない

・シャワーを浴びていたら途中で水になる

などの不便な感想を安さを求めた友人から聞きます。

家賃(レント)は基本的には、電気代・水道代・ガス代・ネット代などが含まれています。

しかし、僕が住んでいた家では「洗濯時は4ドル必要」でした。

また、友達の家では、「ネット代は別」でした。

家賃(レント)以外の料金も発生する可能性があります。

あらかじめ考慮しておくと、予想外の出費にがっかりせずに済みます。

シェアハウスを見る際の注意点

僕が考える注意点は以下の通り

・気になるところはガンガン応募

・1日に複数見れるようにする

・家賃(レント)に何が含まれているのか(電気・水道・ガス・ネット・洗濯機の利用などが含まれているか確認)

・女性は一人で見に行くのはやめましょう

・洗濯機は週何回利用できるのか

・デポジットが異様に高い家は注意

順番に解説していきます。

気になるところはガンガン応募

まずは、上記のサイトを利用して、気になる家があればオーナーに連絡してみましょう。

連絡手段は基本的には

・メール

・電話

のどちらかです。

オーナーも忙しい人が多いので、基本的にはメールが多いです。

返事もすぐに来ないので、気になる家は、ガンガン応募していきましょう!!

 

1日に複数見れるようにする

1日に2~3件くらいの無理のない数で大丈夫です。

こちらは何故かというと、いざ見学する日時になってもオーナーが来ないということがあります。

僕はボイコットを2回くらいました・・・

1日に一件だけしか見学予定がないのに、ボイコットを受けると結構ショックです笑

そんなボイコットのショックを回避するためにも1日に複数見ることをお勧めします。

 

家賃(レント)に何が含まれているのか

月の家賃(レント)に何が含まれているのか事前に確認しましょう。

入居してから、「実は電気代は別払い」といったことになると、意外と月の住居費が高くなったりします。

オーナーも親切な人もいれば、そうでない人も多いです。

僕は幸運にも?親切なオーナーしか出会いませんでした。

「後から追加料金を請求される」ということはありませんでした。

でも、友人は「ネット代が別払い」と騙されたと聞きました。

ご自身(お金)をしっかり守るためにきちんと確認しておきましょう。

 

女性は一人で見に行くのはやめましょう

女性の方は一人で見学するのはやめましょう。

理由は、危ない目に合う可能性があるからです。

友人を少なくとも一人は連れて行くようにしましょう。

 

洗濯機は週何回利用できるのか

僕は、ジムに通っていることもあり、洗濯物が結構多いです。

そのため洗濯できる回数というのが、結構重要でした。

どこの家もだいたい週に1~2回でした。

ただ、今住んでいる家は洗濯代は別払いです。

そのおかげで週に何回も洗濯はできますが、料金はかかります。

どっちがいいのやら・・・という感じです笑

個人的には週2回できる所の方が、オーナーも優しい人が多い印象でした笑

 

デポジットが異様に高い家は注意

デポジットとは、日本の敷金・礼金のようなものです。

金額は様々ですが、大体が家賃の半額くらいです。

家を退去する際に返してくれたり、返してくれなかったりとオーナーにもよります。

基本的には返ってきます。

一つ注意点として、家賃以上のデポジットを請求してくる家は注意です。

友達は、2ヶ月分のデポジットを払っていました。

しかしその後、別の家に決めて、そのデポジットを返してもらおうとしましたが、連絡が取れず・・・

直接、家に行っても返してもらえないという事態でした・・・

デポジットも支払う際に、返ってくるのか来ないのかもしっかりと確認するといいですね。

ちなみに僕が住んだところはオーナーがいい人で、向こうから「デポジットは退去時に返却するね」と言ってくれました。

こういう一言があるオーナーは信用できると思います!!

僕が住んだ家を説明します

こちらは参考までに僕が住んだある家がどういう感じだったのかを簡単に紹介します。

僕はトロントで、ホームステイからシェアハウス

そしてバンクーバーでルームシェア(4人部屋)から、ルームシェア(2人部屋)と引越しをしました。

トロント住居編

ホームステイ

フィリピン系の家族とのホームステイでした。

・家賃は950ドル(食費込み)

・3食付き

・洗濯は週に1回

・掃除は週1、オーナーが実施

可もなく不可もなくという感じで「普通のホームステイ」という印象でした。

フィリピン系はご飯が美味しくないと聞きますが、この家は美味しかったです。

不便な点は、駅からは離れていたことです。

バス(20分くらい)を使って、駅まで移動する必要ありました。

シェアハウス

こちらはカナディアンのオーナー夫婦とのハウスシェア(一軒家)でした。

・家賃は月450ドルで追加料金なし。

・駅から歩いて10分程度

・洗濯も週2回まではOK。

・トイレットペーパーが無料

僕以外に2人の日本人が住んでいましたが、それぞれ自室を持っていました。

なので、そこまで会うこともなかったです。

キッチンやシャワーは共有でした。

時間がかぶると利用しづらいことや部屋が狭いということはありましたが、オーナーが優しかったです。

たまにケーキとか焼いてくれたりしたので、良い場所でした。

バンクーバー住居編

次は、バンクーバーの住居について紹介します。

ルームシェア(4人部屋)

・家賃が370ドル(追加料金なし)

・部屋は4人部屋で2段ベットが2つ

・洗濯は週1回

僕は日本で一人暮らしを10年くらいしてました。

正直「誰かと部屋を共有するって無理!!」って思っていましたが、意外と大丈夫でした笑

一緒に住んでいるのが、韓国人と日本人でした。

同じアジア人だからか、お互いに程よい距離感でストレスもなかったです。

キッチンやシャワーは共有でした。

少しダウンタウンから離れていたのが不便でしたが、安い割には快適でした。

 

ルームシェア(2人部屋)

こちらは、アルゼンチン人と2人部屋でした。

・家賃は475ドル。

・洗濯は洗濯・乾燥合わせて1回4ドル(週何回でも利用可)

ネットも繋がりがたまに悪いですが、ダウンタウン近くに住めたので色々と便利でした。

4人部屋で鍛えられたので、一緒に生活していて、何も違和感はなかったです。

アルゼンチン人も気を使ってくれてたと思います。

彼も日本人の方が一緒に住んでいて安全・安心と言っていました。

他の国の人だと、ものをとったりすることがあるらしいです。

僕より先にカナダワーホリを経験した日本人の先輩達に感謝ですね・・・

まとめ

以上、シェアハウスについてでした。

最初は、家探しもがっかりすることやうまくいかないことも多いかも知れませんが、この記事が少しでも参考になれば幸いです。

良い家探しを!!

Have a nice house!!

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(カナダ)へ
にほんブログ村

 

「ゆるホリ」というPodcastsもやってます。

こちらも参考にどうぞ

2.カナダの住まい事情

 

<note紹介>

夏に起こったしょうもない出来事について書いてます。

夏の出来事

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です