カナダワーホリのお仕事図鑑③!スーパーマーケット、バーテン、ハスキーキーピングについて

こんにちは、くるぶしです。

現在、カナダのバンクーバーで海外ニート生活中です。

お仕事図鑑の第三弾!!

随分長くなってしまいましたが、お仕事図鑑は最後の記事となります。

日本食のスーパーマーケット

ジャパレス同様に日本人が多い場所でした。

規模が大きくネイティブも多数働いてました。

仕事内容

・フィッシュカッター

・お寿司の販売の接客

・掃除

おおよその仕事内容は以上となります。

お寿司をメインに販売しているお店です。

普段は、冷凍している魚をお寿司に使えるサイズに切るというのが仕事の大部分でした。

魚が凍っているので、なかなか硬くて手が痛くなってきます。

若干、腱鞘炎のような状態になりました

また、たまにお寿司売る場の売り子さんのようなこともやってました。

仕事自体は難しくなかったです。

ただ、お客さんから

・このお寿司が欲しい

・この食べ物には何が入っているんだ?

などの質問が多かったです。

食材の英単語のボキャブラリーがなかったので、大変でした。

海外では、

・アレルギー

・ベジタリアン(菜食主義者、肉や魚を食べない人)

・ヴィーガン(完全菜食主義者、酪農製品(卵・牛乳・チーズなどの乳製品)を食べない人)

など様々な事情や人がいます。

「食べ物」に対しての注意が厳しいです。

そういう人たちでも食べれるものの提供や説明をするのが仕事の一部でした。

日本との違い

日本のスーパーマーケットでの働いた経験はありません。

ただ、日本ほど「衛生面」に関しては注意していないような印象でした。

帽子や食品を触る時に手袋はしますが、マスクまではしません。

また除菌室に入るといったこともありませんでした。

乾燥してるから細菌が湧きにくいんですかね?

あと、従業員が結構おしゃべりしてて、ちょいちょいお客さんを放置ということがありました笑

お客さんも特に怒ったりすることもなかったです(驚)

また、閉店時間にタイムカードを切って帰ります。

片付けはお客さんがいても進め続けるのが新鮮でした。

自分のボスに「日本ならクレームだよ」と伝えると、「ここはカナダだぜ、誰も気にしないさ」って返事が来ました笑

お給料は?

時給は13ドル(2018年時、バンクーバーの最低時給)でした。

チップはつきませんが、働いて3ヶ月後には時給アップ(額は人による)。

一日8時間を週5で入れるので、ひと月で2000ドルほど稼げました。

また、シフトも融通が利きやすかったです。

途中から週6で働いたりもしていました。

そして、嬉しいことに休憩(1日30分)にご飯も食べれます。

また、クローズ後にもお寿司やお弁当が余っていればタダでもらえました。

残った従業員で繰り広げられるじゃんけん大会に勝つ必要があります笑

以上が、日本食のスーパーマーケットでの仕事の内容となります。

Airbnbのハウスキーパー

Aibnbという旅行者などの短期宿泊する人にホテルより比較的安い価格で部屋を貸し出しているサービスがあります。

こちらの利用者が出て行った後の掃除の仕事をしていました。

 

ハウスキーパーの仕事内容

・部屋の掃除

・トイレットペーパーなどの消耗品の補充

・タオルやベッドのシーツなどの選択

基本的には「家の掃除」と同じです。

部屋はオーナーが複数箇所持っていました。

バンクーバーでしたが、職場はまちまちでした。

ダウンタウンの時もあれば、ダウンタウンから少し離れたリッチモンドの時もありました。

部屋の規模もまちまちです。

マンションの一室だったり、2階建の家だったりと場所によって異なります。

日本との違い

日本でのハウスキーパーの経験はありません。

「家の掃除」という感じなので、日本ほど徹底的にやらなくてもよいというのが違いかなと思います。

何もかも「徹底的に除菌」ということもありません。

一人暮らしを10年ほどしていたので、自分の部屋を掃除している感覚と近かったです。

ハウスキーパーのお給料は?

こちらは時給ではなく、物件の規模(部屋の大きさや家の大きさ)によって変動しました。

大きい物件だと、お給料も高くなります。

一番高いところが60ドルでした。

利用者のチェックアウトが11時まで。

チェックインが15時からとなっています。

なので、11時から15時の4時間の間が仕事の時間となります。

終わった後は完了報告が必要です。

早く終わるとその分も給料が引かれます。

だから、みんな終わった後は該当の物件でスマホとか弄ってました笑

基本的に一人でしないといけないので、大きい物件だと結構大変です。

小さめの物件は、大きい物件と比べて給料が低くなります(20ドルほど)。

でもそれほど時間をかけずに終わるので、自分の作業スピードなどを考慮して物件を選ぶ必要がありました。

ちなみに交通費などは支給されないので、遠いところだと時間もお金もかかります。

ちなみに研修期間(最初の3回)は、時給換算となり時給10ドルでした。

以上がハウスキーパーの仕事内容です。

ジャパレスのバーテン

日中はジャパレスとして営業していますが、夜には飲み屋になるところがありました、

そこのバーテンをやりました。

仕事内容

・オーダーされたお酒を作る

・たまに料理のオーダーもあるので、オーダーを取ってキッチンに伝える

・料理をテーブルに運ぶ

・掃除

という内容でした。

お酒に関係するので、お酒を売る資格が必要です。

Serving It Right (サービング イット ライト)

しかし、初日は構わないとのことで働けました笑

日本との違い

日本でバーテンの仕事をしたことがありません。

またまた比較ができかねますが、一緒に働いていた人が日本でバーテンダー歴がありました。

その人に聞いたところ「違いはない」とのことでした。

ジャパレスということもあり、来るのも日本人が多かったのもあったかも知れません。

バーテンのお給料は?

時給は13ドル(2018年時、バンクーバー最低時給)でした。

夜の遅い時間帯(22~24時)と働く時間も短いです。

そこまで稼げないのと、日本のような深夜手当もつきませんでした。

ただ、最後にまかないが出ました。

他の飲食店の仕事同様に食費は浮きました。

まとめ

以上、「お仕事図鑑 その③」でした。

1年間で色々な仕事をしました。

最終的には一つの仕事(日本食のスーパーマーケット)のみでやっていました。

他の仕事はそれほど長くしていません。

そのため、長く働くと感じる不満などは分かりませんでした。

これから仕事を探している・もしくは僕が経験した仕事をする予定という方の参考になれば幸いです。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(カナダ)へ
にほんブログ村

 

関連記事

カナダワーホリのお仕事図鑑①サーバーとディッシュウォッシャーについて

 

カナダワーホリのお仕事図鑑②!キッチンとサマーキャンプについて

 

カナダ・バンクーバーのタックスリターン。T4が手元にあれば楽勝です。

 

「ゆるホリ」というPodcastsもやってます。

こちらも参考にどうぞ

13.お仕事図鑑!

<note紹介>

カナダで知った外国人の夜事情についてまとめてます。

ブラジル編

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です