バンクーバー図書館の利用方法。図書カードの作り方や意外な利用方法をお伝えします。

こんにちは、くるぶしです。

現在、カナダのバンクーバーで海外ニート生活中です。

バンクーバーの図書館を利用したことはありますか?

ない方はぜひ利用をお勧めします。

理由は、便利・おしゃれ・広いと三拍子揃っているからです笑

今回は、バンクーバー図書館の利用方法などについてご紹介します。

 

図書カードの作り方を解説

まずは、図書カードを作りましょう。

図書カードを作らないと本のレンタルはもちろん、Wi-fiの利用もできません。

作り方は簡単で5分もかからずに作成可能です。

初めて図書館を訪れた際に作ってしまいましょう。

 

カード作成に必要なもの

・パスポート もしくは BCID

・電話番号とメールアドレス

身分証としてパスポートやBCIDが必要になります。

BCIDとは?カナダバンクーバーで必須の身分証明書の申請方法をまとめました。


図書カードを作成する際に電話番号やメールアドレスを聞かれます。

あらかじめ準備しておきましょう。

場合によっては、二つ目の身分証を求められる可能性があります。

もし用意できる方は念の為持っていきましょう。

BCIDをお持ちの方なら、パスポートでOKです。

もし、パスポートのみの方は、今住んでいる住所を証明できるものを持っていきましょう。

消印のある個人宛郵便物(1ヶ月以内のもの)もしくはホームステイ先の情報が記載されたものが必要となります。

 

図書カードの作成場所

利用しやすい、バンクーバーの中央図書館で説明します。

正面入口のゲートをくぐったら、右手に進みましょう。

カウンターで図書カードを作りたい旨を伝えましょう。

I wanna make library card」とかでOKです。

身分証を提示して、受付の方が手続きを進めてくれます。

ここで電話番号やメールアドレスも聞かれます。

 

PINコードを忘れずに

カードを作成した際に、受付の人から4桁のPINコードを言われます。

番号自体は安易で、電話番号の下二桁や誕生日、生まれた西暦などです。

こちらは、本をレンタルする際やWi-fiに接続する際に必要となります。

忘れないようにしましょう。

 

以上でカードの作成は完了です。

バンクーバーの図書館はVPL(Vancouver Public Library)と呼ばれています。

VPLと書かれた図書館であれば、どこでも図書カードが利用可能となります。

その他のVPLはこちらからどうぞ

 

本の貸し出し(レンタル)について

レンタル方法や返却方法について説明します。

レンタル方法

本をレンタルしましょう。

レンタルする際ですが、日本語での表示切り替えもできますので、ご安心ください。

図書カードを作成したカウンター近くに貸し出し用の機器があります。

①図書カードをスキャンします。

②そのあとに、4桁のPINコードを入力

③借りたい本やDVDなどのバーコード部分をスキャン(本の裏側にバーコードがあります)
※機器やバーコードの感度が良好な場合は、テーブルに置いているだけでも反応します

④レンタルした書籍やDVDの情報や返却期限の情報をレシートで印刷するか、メールで送信するかなどを選択できます。都合の良いものを選択しましょう。

僕は、レシートを印刷して本のしおり代わりにしています。

以上がレンタル方法です。

 

うまくスキャンできないときは

たまにですが、上記の方法でレンタルできない場合があります。

何度、本のバーコードをスキャンしても反応しないことがあります。

その場合は、マシーンでの操作を諦めて、図書カードを作成した受付にいきましょう。

シンプルに「I wanna borrow this」とか伝えればOKです。

借りたいものと図書カードを渡しましょう。

 

返却方法

返却方法も機械で行います。

入り口横にある機械にレンタルした書籍などを通していけば大丈夫です。

複数を一気に返却することができないので、一つずつ返却していきましょう。

ちなみに、レンタルした支店で返却しなくても大丈夫です。

VPLの支店であれば、どこで借りて、どこで返却してもOK

また、ダウンタウンの図書館は、夜間受付があります。

Hamilton St側にあります。

ただ、あまり遅くなっての返却はやめておきましょう。

加えて、レンタル期間は守りましょう。

もし期間を過ぎて返却をすると、手数料がかかるので、ご注意を

 

Wi-fiの利用方法

図書カードを作成すればWi-fiも利用可能になります。

①Wi-fiの画面を開きましょう

②VPLと書かれたWi-fiを選択

③入力する箇所が2つありますので、上に図書カードのバーコード下に書かれている番号を入力。
下に作成時に言われた4桁のPINコードを入力すればつながります。

図書館を出入りするたびに毎回Wi-fiの設定をしないといけないのが面倒です。

メモ帳などに図書カードに記載されている番号は記入しておくと、コピペで済むので楽ですよ♬

 

こんなものもレンタル可能

図書館と言えば、書籍やDVDくらいしかレンタルできるイメージがありませんが、バンクーバー図書館は違います。

 

漫画のレンタル

なんと日本の漫画がレンタルできます

数や種類に限りはあります。

英語の勉強に疲れた際など息抜きに利用してみましょう♬

 

ゲームのレンタル可能

ゲームのカセットなどもレンタル可能です。

WiiやPSのカセットがあります。

友達の家に遊びに行く際に持っていくと喜ばれるかもしれませんね。

 

楽器のレンタル可能

楽器もレンタルできちゃいます。

受付でどんな楽器がレンタルできるか聞いてみましょう。

海外で新たな趣味に出会えるかも?

 

ミーティングルームも利用可能

友達同士で英語の勉強をする際などに便利です。

発音やスピーキングなど周囲を気にせずに利用可能です。

こちらも受付にて、利用可能な時間帯などを確認しましょう。

 

イベントも盛りだくさん

レンタルだけでなく、図書館では様々なイベントも行っています。

内容はもちろん無料です。

情報については、図書館前の掲示板や当日のアナウンスがあります。

Twitterの情報もマメにチェックしておくと、良いかと思います。

 

音楽鑑賞・ジャズナイト

4月の某日にジャズナイトというイベントが開かれました。

もちろん無料。

2時間なのに、ボリュームたっぷりのジャズを堪能できました。

 

映画の無料上映会

日本の映画の上映会もありました。

こちらも無料です。

日本の映画ということもあり、大使館のTwitterでも宣伝していました。

 

イベントについて

イベントは、図書館の掲示板に情報が張り出されています。

また、イベント当日だと、アナウンスもあります。

興味があるものは、足を運んでみましょう。

 

魔法のチケット(インスピレーションカード)

どういうものかというとアクアリウムやサイエンスワールド、美術館が無料で入場可能になります。

大事なことなので、もう一度言います。

入場無料です!!

図書館の受付で、図書カードを提示して、利用したい旨を伝えましょう。

ただ、残念なことに多くのバンクーバー市民もこのお得なチケットを狙っています。

魔法のチケットは順番待ちとなります。

噂によると「数年待ち」だとか・・・

運よくバンクーバー滞在中に入手できるといいですね♬

 

PCやコピー機も利用可能

 

PCの利用方法

PCの無料貸し出しも行っています。

PCを持たずにバンクーバーに来た人にはありがたいですよね。

予約もいりませんので、空いている席があれば使いましょう。

PCを開いたら、図書カードの14桁の数字とPINコード4桁を入力すると利用可能です。こちらから事前予約も可能ですよ。

 

コピー機の利用方法

コピー機は有料となります。

利用する際は、コピー機の横に設置されたPCに図書カードの14桁の番号とPINコードを入力します。

その後、お金を入れると印刷ができます。

お金以外の支払い方法として、コピーカードも利用可能です。

コピーカードはバンクーバーのダウンダウンにある、Central libraryの2階もしくは7階のサービスデスクで購入可能です。

5ドル、10ドル、20ドル分の3種類のカードがあります。

利用しなくなったカードを返却すると、1ドルのキャッシュバックがあります。

カードの残高については返却されないので、ご注意ください

料金の詳細はこちらから確認できますので、どうぞ。

 

まとめ

以上、バンクーバー図書館の利用方法でした。

本だけのレンタルでなく、イベントも盛り沢山なのが魅力的ですね。

また、英語の勉強に使える参考書も充実しているし、息抜きに漫画などもあるのが嬉しいです。

まずは、見学プラス図書カード作りに訪れみましょう♬

 

<note紹介>

noteにておもしろ情報を掲載中

<外国編>

・カナダのコンドーム事情について

・日本人の女の子とセックスしたい外国人(カナディアン編)

・日本人の女の子とセックスしたい外国人(ブラジル編)

 

<珍事件編>

・夏に起こったしょうもない出来事について

・休日のしょうもない一コマについて

 

<タイ旅行記編>

・タイ風●レポ・ゴーゴーバーとナナプラザ

・タイのバンコクで逆ナンされた話

・タイの風●店のレポ・テーメーカフェ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です