カナダに学生ビザ+ワーホリビザでの渡航の感想は失敗でした。

こんにちは、くるぶしです。

現在、カナダのバンクーバーで海外ニート生活中です。

カナダに留学する際にエージェントから言われました。

学生ビザで入国して、その後ワーホリビザに切り替えれば最低でも1年6ヶ月滞在できます」と。

その口車?に乗せられて(笑)、失敗したと感じました。

今回は、そのことについて紹介します。

 

1年6ヶ月滞在できる仕組み

まず、カナダのワーキングホリデービザは、滞在期間が1年間です。

次に学生ビザですが、こちらは半年間の申請が可能です。

ちなみに学生ビザは、最短期間が「半年」となっています。

最短期間(学生ビザ)+ワーホリビザを合わせて、1年6ヶ月の滞在が可能となります。

ちなみに最短と言いましたが、最長でも半年間しか学校には通えません笑

他の国では違ったりしますが、カナダでは学生ビザの場合「半年間」が学校に通える期間です。

 

滞在期間が伸びるメリット

エージェントから勧められたこちらの方法ですが、メリットとしては

・英語力を伸ばした後でのワーホリとなるので、仕事につきやすい

・仕事もないので、英語学習に集中できる

・長くカナダに入れる(友達もできやすい)

 

といったところでした。

渡航して、すぐに仕事につく人は、日本語が通じるジャパニーズレストラン(通称:ジャパレス)に行きがちです。

また、長く働くと他の仕事を見つけにくくなります。

エージェントで上記のような、「ワーホリビザですぐに働く場合に起こり得るデメリット」もしっかり説明を受けました。

そのため僕は学生ビザ+ワーホリビザという選択をしてしまいました・・・

 

実際にやってみた感想

僕は3ヶ月でワーホリビザに切り替えました。

理由は「お金がなくなってきた」です笑

資金的な問題がなければ、切り替えませんでした。

その時は切り替えてすぐに働かないとやばいという状態でした。

なので、切り替えました。

ワーホリビザも申請してすぐに取得できるわけではありません。

審査に時間がかかります。

カナダからだと通りやすいという話も聞きます。

しかし、本当かどうかは不明です

また、二つのビザを所持した状態でのカナダへの入国はできません

つまり、学生ビザとワーホリビザの二つのビザを同時に申請できないということです。

 

まずは、学生ビザで入国。

入国後に、ワーホリビザを現地で申請という流れになります。

僕は運よく入国してから、3ヶ月でワーホリビザの申請がおりました

もしおりてなかったら、親に借金するか帰国という選択しかなかったです・・・

また、僕と同じパターンで(学生ビザからのワーホリビザへの切り替え)をしている友人がいました。

友人は、同じ学校に半年間通う前に「学校に飽きてしまった」という理由で学校に来なくなりました。

ちなみに授業料の払い戻しは少額とのこと・・・

学生ビザで渡航する場合は、学校選びも制限があります。

カナダが「この学校なら学生ビザの申請を許可する」といった、「カナダ公認」の学校でないと学生ビザの申請ができません。

そのため、行く学校は自ずと限られてきます・・・

「前々から行きたい学校があった」という方でも関係ありません。

該当の学校が「カナダ公認」でなければ学生ビザでの申請が却下されてしまいます・・・

 

学生ビザ+ワーホリビザでの渡航をオススメしない理由

僕と友人の場合で言いますと、

・収入なしで半年間以上の費用が必要(カナダだと1ヶ月の生活費が10万円程度)

・同じ学校に半年間通う

・もし学校に行かなくなった場合の授業料の払い戻しは少額もしくはゼロ

・ワーホリビザが取得できるまでは働けない

ということが必須になってきます。

また、上記の通り、「ワーホリビザもすぐに取得できるわけではない」ということ。

加えて、切り替え後にすぐに仕事が決まるわけではないので、半年以上の費用が必要となります。

半年間の学校へ通う場合だと学費が約60万円。

そして、通学中の期間の生活費が約60万円必要になります。

さらに、プラスで仕事が決まった後に、給料で生活ができるまでの期間分の生活費も必要です。

例えば、十分な給料をもらえるまで2ヶ月とした場合、さらに生活費が20万円が必要です。

学費と8ヶ月の生活費だけで合計140万円も必要になってしまうからです・・・

また学校に通っていると当然、友達もできます。

友達と飲みに行ったり、時には旅行をしたりする機会があります。

場合によってはそれ以上の生活費(交際費)が必要になってきます。

付き合う友達にもよりますが、韓国人はお金持ちなことが多いです。

お金のために友達を選ぶわけではありませんが、一緒に楽しもうとすると相手によってはお金がかかることが多いです。

 

やるかどうかは、あなた次第

人それぞれ感じるメリット・デメリットは違います。

僕が実際にやってみて感じたのが上記の内容です。

カナダは、素晴らしい場所です。

「もっとここにいたいな〜」という気持ちもあります。

でも、最初に「学生ビザで入国してから、ワーホリビザに切り替える」という選択は失敗でした。

ワーホリ行く人は費用がカツカツな人が多いです。

金銭的な面で苦しむかと思います。

お金がないと精神的にもきついですしね。

また、英語の勉強というストレスもあります。

できるだけ心穏やかに過ごしたいですよね。

費用がかさむ海外留学、少しでも節約したい方の参考になれば幸いです。

 

 

関連記事

カナダワーホリ費用はいくら必要?結論:資金は50万で十分!格安・激安で海外留学へ

 

激安・格安で留学やワーホリに行くための3つの方法

 

 

「ゆるホリ」というPodcastsもやってます。

こちらも参考にどうぞ 24.ワーホリの費用について

 

<note紹介>

noteにておもしろ情報を掲載中

<外国編>

・カナダのコンドーム事情について

・日本人の女の子とセックスしたい外国人(カナディアン編)

・日本人の女の子とセックスしたい外国人(ブラジル編)

 

<珍事件編>

・夏に起こったしょうもない出来事について

・休日のしょうもない一コマについて

 

<タイ旅行記編>

・タイ風●レポ・ゴーゴーバーとナナプラザ

・タイのバンコクで逆ナンされた話

・タイの風●店のレポ・テーメーカフェ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です