ニュージーランドの携帯。ワーホリ・留学生におすすめなSimカードはどの会社?感想をまとめました

こんにちは、くるぶしです。

現在、ニュージーランドのオークランドでワーホリ中です。

日本ではもちろん、海外生活をしているとインターネット環境は重要ですよね。

また、外出先でのネットの利用だけでなう、仕事や銀行などの手続きのために電話番号の取得も大切です。

今回は、

・Simカードはどこの会社にするか迷っている

・どんな会社があるのかわからない

という方必見。

ニュージーランドの携帯(Simカード)会社についてまとめました。

 

携帯会社比較

まず、携帯会社(Simカード)について有名どころは以下の3社となります。

2dgrees

Vodafone

Spark

基本的に値段は大体一緒です。

19ドルのプリペイドプランならほとんど大差なし

会社によって、利用の特典があるので、特典によってどれにするか選んでも良いです。

 

おすすめの携帯会社は?各携帯会社の特徴まとめ

特典も気になりますが、まずは前提となる「ネットの繋がりやすさ」や、「どういう強みがある会社なのか」など気になりますよね。

ざっくりですが、各会社の特徴をまとめました。

大容量のデータを使う方Spark 
フリーWi-fiスポットで一日1GB使い放題です。SparkのHPはこちら

安く済ませたいけど格安キャリアは心配という方2degrees
月額10ドルのプランがあります。2degreesのHPはこちら

通信速度が速く、信頼性をお求めの方Vodafone
ニュージーランド最大の携帯電話会社。VodafoneのHPはこちら

下記にて、各会社の特典をまとめています。

 

Vodahoneの特徴・特典

Vodafoneの特徴は以下の通り

・電波が広範囲で届く

・速度は国内1位

・最安値プランは13ドル

また映画とかスポーツ(ラグビー)の試合など、エンターテイメント系の特典があります。

ただ、必ずしも試合の観戦チケットが手に入るわけではあります。

試合の場合は、抽選で当選者が選ばれます。

また、映画の特典もありますが、条件があります。

全部の映画が見れるわけではありませんので、ご注意を

Sparkの特徴・特典

 

Sparkの特徴は以下の通り

・街中でフリーWIIFIを使用できるところがある

・1日1GBまで無料で使用することができます。

・速度は国内3位

・最安値プランは19ドル

 

Sparkは、いろいろなところでWi-Fiが飛んでいるので、見かけたことがある方も多いかと思います。

街中でも至るところでフリーWi-Fiが多いので、どこでもWi-Fiが利用で着るイメージです。

Sparkの特典は、音楽アプリのSpotifyがちょっと安くなる特典あり

上記で紹介した通り、ガンガンネットを使いたい方には特におすすめです。

 

2dgreesの特徴・特典

2dgreesの特徴は以下の通り

・ラグビーの試合をスマホで見れる

・データや電話時間の利用しない分は繰越ができる

・2degrees同士だと通話量が無料

・オーストラリアへのテキストメッセージが無料

・10ドルの最安値プランがある

・速度は国内2位

個人的には、2dgreesのSimカードを取り扱っている店舗は多い気がします。

スーパーマーケットなんかでも見かけるので笑

利用しなかったデータや電話時間が翌月に繰り越しできるのも魅力的ですね。

うまく使えば、料金もかなり安く抑えれると思います。

 

最安?格安Sim:Skinny(スキニー)

SkinnyのHPはこちら

ちなみに僕が使っているのは、こちらのSimカードになります。

この会社は、上記のSparkの傘下らしいです。

なので、個人的にはまだ安心感はあります笑

 

Skinnyの特徴は以下の通り

・最安値が9ドル

・無料通話100分(オーストラリアもOK)

・データ通信250MB

他の会社は1GB以上なので、データの通信量が気になりますよね。

かきに100MBで通信可能なデータの目安をまとめました。

 

100MBで出来るデータ通信の目安

Lineの文字通信:約4万回

Lineの音声通話:300分程度

ビデオ通話:20分程度

YouTube視聴:10分程度

サイト閲覧:約400ページ

Google map検索:約300回

Facebook閲覧:30~40分程度

文字メール:約4000通

Skinnyは250MBなので、この倍。

1GBだとこの10倍をイメージしてください。

 

Skinnyを実際に使ってみた感想

上記の100MBを参考にすると「結構、色々できるかな」と思ってました。

しかし実際は使用開始から3日でデータ通信量がオーバーしました笑

理由は、多分ですが、僕の家のWi-Fiがよく途切れることにあると思います。

僕は、よくSpotifyで音楽を聴いています。

家でWi-Fiを利用して聴いているつもりが、Wi-Fiが切れてデータ通信をしてSpotifyを聴いていたみたいです。

だから3日でデータ容量がオーバーしました。

今度は機内モードにしようと思います笑

ただ、データ通信量がオーバーした後でもテキストならWi-Fi環境でなくても送信できたり(できないことも多いですが)します

受信は問題ありません。

同様に電話は影響を受けないので、このまま利用しようと思います。

ニュージーランドは、図書館やショッピングモール、スターバックスなどで無料のWi-Fiが利用できるので、困ったときはそういった場所を利用すればそこまで困りません。

・仕事や銀行の手続きなどのためにとりあえず電話番号が欲しい

・外ではあまりネットを使わない

・とにかく安く済ませたい

という方におすすめです。

 

Simカードはどこで手に入る?購入場所は?

Simカードはいろんな場所で売ってます。

こんな感じで売られてます。

 

2dgreesだと、スーパーマーケットでも売られているのを見かけるし、大手3社だと支店もたくさんあります。

また、電化製品を扱っているお店でも購入可能です。

パッと店内を見た時にスマホの取り扱いがある」お店だとほぼ確実にSimカードを販売しているので、入ってみましょう。

 

Simカード購入後の設定

Simカードが購入できたら、お家で設定をしましょう。

購入したパッケージの裏側にSimカードの番号や電話番号が記載されています。

また、中に設定方法なども記載があるので、それにしたがって設定しましょう。

英語ですが、それほど難しいことは書いてありません。

頑張りましょう!!

 

まとめ

以上、ニュージーランドのSimカードについてでした。

僕は以前はカナダに1年と半年間いましたが、その時はSimカードは購入しませんでした。

なので、カナダの番号は持たないまま。

不便も多いですが、割と生活できました。

しかし、ニュージーランドだと銀行の手続きや仕事など意外と「電話番号を持っていることが必須」なことが多いです。

そして電話番号を実際に持つと便利なことこの上ないです笑

最初だけしか使わない可能性もありますが、やはり現地の番号があると安心感もあります。

この記事を参考に自分に合うSimカードが見つかることを願ってます。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(ニュージーランド)へ
にほんブログ村

 

<note紹介>

noteにておもしろ情報を掲載中

<外国編>

・カナダのコンドーム事情について

・日本人の女の子とセックスしたい外国人(カナディアン編)

・日本人の女の子とセックスしたい外国人(ブラジル編)

 

<珍事件編>

・夏に起こったしょうもない出来事について

・休日のしょうもない一コマについて

 

<タイ旅行記編>

・タイ風●レポ・ゴーゴーバーとナナプラザ

・タイのバンコクで逆ナンされた話

・タイの風●店のレポ・テーメーカフェ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です