カナダ・バンクーバーのタックスリターン。T4が手元にあれば楽勝です。

こんにちは、くるぶしです。

現在カナダのバンクーバーで海外ニート生活中です。

カナダにワーホリに来ている方ですと、「タックスリターン」が対象となります。

今回はその「タックスリターン」について解説していきます。

タックスリターンとは

そもそも、「タックスリターン」って何と思われている方も多いと思います

一年前の僕もそうでした・・・

タックスリターンとは・・・日本で言うところの確定申告です!!

と言うと、まだ大学生でワーホリ来ている方だと分かりにくいですよね。

もう少しわかりやすく説明します。

年間(1月から12月)の間に働いた際に、引かれる税金(tax)があります。

その税金(tax)が、少し多めに毎回の給料から引かれています

その引かれた税金から、きちんと払わなければならない税金を算出されます。

もし、毎回の給料から引かれていた税金の金額が多ければ返金されます。

一方で、少なければ支払いをするというものになります。

働きすぎている方だと、支払いをする可能性はあります。

ワーホリ期間中によほど働いた人でない限り、お金は戻ってくるものです。

なので安心して申請しましょう!

僕の場合ですと、1000ドルほど戻ってきました♬

参考までに僕は、2018年に約17,000ドル(日本円で約1,300,000円)稼ぎました。

上限がどれくらいかは不明ですが、この17,000ドルまではOKです。

これから説明する手順を参考に払いすぎた税金を取り戻しましょう!!

タックスリターンのやり方

やり方は2つあります。

・自分で行う

・エージェントなどで代理申請で行う

この2つとなります。

自分で行う場合は、それほど難しくありません。

税金のことだから難しそう」と思うかもしれません。

でも、初心者の僕でも1時間以内でできました!!

一方で、エージェントなどでの代理申請については、手数料がかかります。

エージェントによりますが、手数料は40ドルほどです。

40ドルの手数料なんて勿体なさすぎるので、自分で行いましょう笑

僕は「40ドル浮いた〜」と思い、申請後は自分にご褒美と称してランチに行って来ました笑

自分を甘やかすために、エージェントに支払う手数料は節約しましょう。

simple taxについて

それでは、一人で行うタックスリターンの申請方法について紹介します。

こちらのサイトを使うと簡単にできました。

simple tax

タックスリターの申請初心者の僕でも1時間もかからずにできましたので、本当に簡単ですよ!!

ちなみに使用料金は無料です。

何もお金はかかりませんのでご安心を!!

そして、「T4」という書類が必要になります。

こちらは、去年働いていた会社から発行してもらう書類です。

T4には、どれくらい稼いだかなどが記入されています。

雇用主から2月末までには、従業員へ渡す義務があります。

もし2月を過ぎても手元にない場合は、雇用主に問い合わせましょう。

働いた職場すべてから入手する必要があります。

必ず、すべてのT4を揃えてから申請をしましょう。

simple taxの申請方法

それでは手順を説明していきます。

※質問項目は変わる場合がありますので、ご注意ください。

ちなみに、この記事をスマホで見ながら、PCでsimple taxの操作を行うとやりやすいと思います。

 

simple tax

 

simple taxのサイトにログイン

smile taxを選択後、右上のStart or Continueをクリック

去年と一昨年のどっちの申請をするかと出てくるので、去年を選択しましょう。

例:2019年に申請の場合、2018年か2017年か出てくるので、2018年を選択しましょう。

マグカップを持ったおじさんの画面になります。

この画面で、タックスリターンの申請が初めての方は「I’m new to Simple Tax」を選択して下さい。

 

個人情報入力項目

About You

上から順番に入力していきます。

・名前
・SINナンバー
・誕生日
・死亡した日(こちらは記入なしでOK)
・言語を選択(英語かフランス語が選択できます)

上記5つの項目を入力後は、下にスクロールしていきます。

 

Mailing Address

入力する内容は2つ

・住所
・電話番号

です。

 

 

About Your Residence

入力項目は、6つです。

・去年の12/31にどこの州に住んでいたか
・去年、別の州に引っ越した場合は、いつか
・家の住所と郵便の住所は同じかどうか
・今、住んでいる州
・去年Nisga’a Landsに住んでいたか
・去年は税を得る目的で移住したのか?(Noを選択しましょう)

 

You and Your Family

こちらの入力項目は3つです。

・結婚しているかどうか
・昨年、結婚のステータスが変わったかどうか
・扶養家族がいるかどうか -Yesの場合 子供の親権はあるかどうか

 

Misc

7つの入力項目を埋めましょう。

・総額10万ドル以上の特定外国資産を所有しているか
・去年に家を購入したか(Noを選択)
・タックスリターンとCRAを利用するのは初めてかどうか
・代理の人がこの申請を行ったか。
・カナダ市民ですか
・インド法に基づいて登録したか (Noを選択)
・去年90日以上刑務所に入っていたか

 

CRA My Account

CRMについて2つの入力項目です。

・CRMに登録してますか。
・CRMのオンラインメールにサインアップしますか。

 

SimpleTax Account

・シンプルタックスの登録をするかどうかの確認

登録すると過去データも保存されるので、オススメです。

 

T4入力項目

ここからは、T4を見ながらの入力項目となります。

T4をお手元にご用意ください

Your Taxes

Your Taxesの項目にカーソルを合わせると、選択項目が出て来ます。

ワーホリの方は、一番上の「Employment Income-T4」を選択しましょう

 

下記の画面が出てきます。

持っているT4とにらめっこしながらやっていきます。

画面を見ると14や16と数字が振られています。

同様にT4にも同じ番号が振られています。

入力箇所や数字を間違えないように入力しましょう。

T4が空欄のところは、simple taxの画面も空欄で大丈夫です。

T4が2枚3枚とある方は、下の「Add another T4」をクリックしましょう。

すべてのT4を入力してください。

僕は4枚あって、大変でした笑

 

Summary

入力が完了したら返ってくる金額、もしくは払わないといけない金額が表示されます。

ちなみにこの項目ですが、僕だけなのか入力がうまくいかないことがありました。

入力して次の項目に移ると数字が消えるという症状が何度も発生・・・

メモ帳に数字を書いて、コピペで何とかなりました・・・

※この画面は数字を適当に入力してます笑

 

Submit

Checkをし最終確認をし、Submitを押します。

入力に問題がなければ、そのまま処理は完了です。

 

Review

もし問題があればReviewという項目に自動的に移動するので、内容を確認しつつ修正しましょう。(google翻訳を活用しましょう♬)

 

simple tax申請完了

以上でタックスリターンの処理は完了となります。

お疲れ様でした。

この後に合わせて、CRMの登録も忘れずに行いましょう。

だいたいですが、1週間から2週間ほどで小切手が届きます

僕は4月頭にやりましたが、2週間ほどで届きました。

※情報は2019年時のものとなります。

画面も変更される場合もありますので、あくまで参考程度に。

何かあった際の責任は取れませんので、自己責任でお願いします。

注意点

僕が2019年の4月に申請となったのは理由があります。

その理由を踏まえて、注意点をお伝えします。

 

・たくさんの職場で働かない

・申請はお早めに

・家賃や交通費は、申請対象外

注意点は上記の3点となります。

順番に説明します。

 

たくさんの職場で働かない

働いた職場の数イコールT4の数となります。

僕はトロントとバンクーバーで合計10個の仕事を経験しました。

なので、すべて揃えるのが大変でした。

職場や雇用主によっては、2月以内にきちんとくれます(義務なので当然ですが)

が、雇用主によっては対応してくれないことがあります。

メールで問い合わせではダメです。

電話しましょう!

もらえるまでなんども電話しましょう!!

正義はこちらにあります!!!

もらえるまで安心してはダメです!!!

 

貰い方は紙媒体か、メールでPDF形式かで貰います。

simple taxだと、入力するだけなので、どちらでも問題はないです。

ちなみに必ずしもすべての職場からもらう必要はありません。

僕は10個の職場を経験しましたが、1日や数日でやめることも多かったです。

その場合だと、給料は現金で手渡しでした。

なので、税金が発生していない

この場合に関しては、T4は発行できないと雇用主から言われました。
※僕のようなパターンの方も念の為、雇用主に確認しましょう。

申請はお早めに

タックスリターンは基本的には

・2月中に雇用主からT4をもらう

・3月中に申請完了する

という流れです。

タックスリターンは、4月末が締め切りです。

でも、その後からでも一応申請はできますが、小切手が手元に届くまでに2~3ヶ月かかる恐れがあります。

僕は4月頭に行い2週間ほどで届きましたが、毎回そうとは限りません。

確実に受け取るためにも3月中に申請を完了しましょう。

そのためにもT4については1月くらいから雇用主に「いつもらえるか」を確認しておくと良いかと思います。

 

家賃や交通費は、申請対象外

こちらは過去では申請対象でしたが、2018年の申請では対象外と変更されています。

今後はまた申請対象になるのか、対象外のままかは分かりません。

念のために、家賃(レント)の領収証や定期(コンパスカード)は捨てずに残しておきましょう。

まとめ

以上、タックスリターンについてでした。

僕は1000ドル戻ってきたので、帰国の航空券代をまかなえるくらいの金額かと思います。

「税金のことはわからない」と面倒がらずにサクッと行い、ちょっとしたお小遣い稼ぎをしましょう。

この記事が参考になれば幸いです。

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(カナダ)へ
にほんブログ村

 

「ゆるホリ」というPodcastsもやってます。

こちらも参考にどうぞ

14.タックスリターンについて

 

<note紹介>

休日のしょうもない一コマについて書いてます。

休日の出来事

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です