オンライン英会話をするなら、スパトレがおすすめ。英語学習に最適な理由とは?

こんにちは、くるぶしです。

現在海外留学に向けて英語を勉強中です。

今回はスパトレと言うオンライン英会話について解説します。

実際に使ってみた感想やメリット・デメリットを解説していきます。

ちなみに、ざっくりとした内容としては、

・スカイプで講師と授業

・授業時間は25分間

・授業後にフィードバックがもらえる

上記の内容も踏まえて解説してきます。

スパトレとは?4つの強みを解説

スパトレの特徴は下記の通り

①価格が安い

コースが二つあります。

1日1回の授業のみなら、月額: 2,980 円(税抜)

無制限のプランなら、月額: 4,980 円(税抜)

 

②サービスの質

ネイティブが教える英語と違い第二言語習得論や認知心理学、脳科学に基づいたカリキュラムになっています。

英語がペラペラなら別ですが、留学とか行くとネイティブの人が言っている英語よりも、自分と同じように留学しているノンネイティブの人の方が話伝わりやすかったり、盛り上がったりするんですよね。

これは実際に留学していた時の体感ですし、同じように留学している人に聞いたらみんな同じ感想でした。

喋れないもの同士、相手のことを理解しようという気持ちがそうさせるんですかね〜

 

③利便性


授業は24時間受講可能

日中は日本人が待機しているので、学習のサポートを受けることが可能です。

学生はもちろん、社会人の方にも自分のタイミングで学習しやすいのがいいですね。

 

④多様なカリキュラム


厳選されたトレーナーによる自律学習支援を行っており、シャドーイングやディクテーション、要約やロールプレイなど様々な学習方法があります。

市販教材約50教材を含む100教材からレベルと自分の目的に合ったものでトレーニングが可能。

初回テストによって目的とレベルにあった教材・学習方法を推薦してくれる、学習方法に悩んでいる方も安心。

また、一般的なライティングや英語の履歴書の添削授業もあります。
さらに、資格試験対策やビジネス英語、高校の授業対策講座など様々な目的に応じた学習に対応

以上、スパトレの4つの強みとなります。

ここからは僕が実際に利用して感じたメリットについて解説していきます。

 

スパトレが英語学習におすすめな理由① IELTSの学習ができる

IELTSとは

個人的にスパトレで一番おすすめなのが、IELTSの教材等も扱っているところです。

IELTSを聞いたことない人も多いかもしれませんが、IELTSは日本のTOEICに近いものです。

ただし、TOEICは、リスニングとリーディングだけです。

一方で、IELTSはスピーキングやライティングといった項目もあります。

海外で就職しようとか、永住権取ろうって言う人は、ILETSが何点以上あるって言うスコアが大事になってくるので知っておいた方が良いですし、勉強も必須です。

僕は重点的にIELTSの教材使ってます。

 

授業の内容

30分間の授業の内容は、講師の方がスピーキングのお題を出します。

例えば

・あなたの家族について話してください

・あなたの印象深い思い出について

って言う所ですね

下の項目が例です。

Describe a teacher who has influenced you in your education. 

You should say:

Where you met them

What subject they taught

What was special about them

And explain why this person influenced you so much.

実際のテストに近い形式で行います。

まず、講師の方から問題を渡されます。

そして、スピーチを考える時間が1分間

スピーチの時間が2分間

となっています。

※メモ書きとかOKです。

 

講師のフィードバックで表現力アップ

これがかなり難しいです。

単純な話だったらすぐ組み立てたりとか話せたりできると思うんですよね

例えばそのお題の中で、「好きな食べ物について話して」とかだと、「I like curry rice〜」とかすぐに話だせると思います。

しかし、IELTSはあくまで「英語がどれぐらいしゃべれるかを証明するテスト」なので、簡単な英語で話せばいいっていうわけではありません。

 

例えば「好き」っていうのも「like」以外にも「love」とか「prefer」とかいろいろ言い方あります。

そんな感じで、様々な言い方で英語の表現ができるかどうかが重要です。

同じ単語は、基本的には2回以上使えないと思っておいてください、

なので、言い回しに工夫をする必要があります。

 

ただ、あくまでそれはテストの話です。

授業では、模擬テストをした後に、講師の人から「like」よりも「prefer」という表現がいいよ

とか、別の単語を教えてくれます。

単語だけでなく、発音や文法をもっとこうした方がいいと指摘をくれます。

 

子供っぽい英語を卒業できる

留学やワーホリで海外に1,2年しかいないから、とりあえず伝わればいい」っていう人も多いと思います。

けれども、テストだけに限らずに友達と喋るときでも初対面の人やワーホリで職場の人と喋る時も、あんまり「like」とか「I wan to to」とか単純な言い方だと、「子供っぽい」と思われてしまいます。

日本人は海外行くと、見た目も若く見えることもあるので、あまり「子供っぽい英語」を使っていると舐められてしまいます。

舐められないためにも言い回しはあって損はしません。

また、ビジネスイングリッシュを身に付けたいって言う人には、IELTSのスピーキンクラスがおすすめです。

 

スパトレが英語学習におすすめな理由② 自分のタイミングで勉強できる

IELTSの説明もあり、一つ目の理由が長くなってしまいました・・・

2つ目のメリットが、24時間使えるということです。

他のオンライン英会話でも24時間受講可能なものはいくつかあるので、「スパトレでないと24時間、いつでも受講できない」ってことはありませんが、やはり忙しい社会人の方は「いつでも受講できる」っているのは、大きなメリットだと思います。

授業も25分間なので、1日に1回だけでも2回やるだけでも1時間程度で済みます。

選択する授業にもよりますが、宿題もない(IELTSの授業はありません)ので、短い時間で集中的に勉強ができます。

また、「宿題」って考えると嫌なイメージになるかもしれませんが、英文の履歴書の添削なども行ってくれます。

ワーホリで仕事を探す人には、履歴書の作成はマストです。

やらないといけないことが、授業で学べてかつ改善されるのも、時間を有効に使えることに繋がります。

 

また、スパトレが他のオンライン英会話と一番違うと思えたのは、スカイプで授業を行うのですが、授業が録画されているところです。

授業終了後に録画した動画をもらいます。

あんまり自分の英語を喋っている姿や音声って見たくない・聞きたくないって人もいると思います(僕がそうです)

しかし、英語力を上げたいなら、自分の発音とかも聞いて改善する必要があります。

「ながら」でもいいので、自分の授業動画を聞きながら、英語力を磨きましょう。

 

 

スパトレが英語学習におすすめな理由③ 講師の人の英語力や理解力がすごい

正直、最初は「フィリピン人の講師が多いのか、ネイティブとできたらよかったな」とスパトレを利用する前は舐めてました。

 

すみません!!!

 

しかし、実際にIELTSの授業を1回受けた後は前言撤回でした。

もちろん僕の英語力がまだまだなところはありますが、今まで試した他のオンライン英会話のフィリピン人講師の方よりも、圧倒的にスパトレのフィリピン人講師の方の方が英語力があります。

あくまで体感ですが、

・ボキャブラリーの豊富さ

・こちらが言いたいけど、知らない単語を理解してくれるカバー力

が他のオンライン英会話と比べると半端ないです。

スパトレが強みとしている、「第二言語習得論や認知心理学、脳科学に基づいたカリキュラム」がここにあるんですかね

講師の方によって、教え方は若干の違いがありますが、「この講師はイマイチだったな〜」っていう人は出会いませんでした。

 

また、冒頭の方で述べた「海外に行くとノンネイティブの方が仲良くなりやすい」というところにもつながってきます。

ネイティブからしたら、「何を言いたいんだろう」ということでも、意外とノンネイティブの人の方が意味を汲み取りやすいことがあります。

スパトレは、ネイティブでなくノンネイティブの講師だからこそ、こちらの言いたいことを汲み取ることができるのだと思います。

 

スパトレのデメリット イギリス留学するならおすすめしない

ブリティッシュイングリッシュを学びたい人には、合っていないかもしれません。

日本人もフィリピン人もアメリカンイングリッシュを学びます。

そのためまず、英語の発音が全く違います。

ちょっとした英語表現も違ってきます。

だから、留学でイギリスやヨーロッパ方面に行きたいという人には、スパトレはおすすめはできないです。

でも、英語をただ話すだけでなく、相手によりわかりやすく伝えると言う表現を学ぶ入り口としては最適だと思います。

 

個人的にはデメリットというか、おすすめできない人くらいしか思いつきません。

オンライン英会話はいくつもあり、内容も似ているものが多いですが

 

料金について

5,000円台で打ち出しているところが多いけど、授業は1日1回のみ

スパトレは、無制限

 

授業内容について

「独自の教材を使用」という謳い文句のところもあるが、「本当に使えるのか?」と正直疑問

スパトレは、ILETSや履歴書の添削など、必要でしかない授業を行ってる

 

講師について

ネイティブの講師がいる」とアピールするところが多いけど、ネイティブとの授業は課金性 or 競争率が高くて受けれない

スパトレ、フィリピン人講師がメインだけど、英語力は申し分なし

 

まとめ

デメリットは〜〜と言いつつ、スパトレを推してます。

スパトレの回し者かな?ってくらい褒めちぎってますが、事実です。

僕はいくつかのオンライン英会話を利用しましたが、スパトレはその中でもぶっちぎりでおすすめです。

 

 

ただ、人によって合う合わないはどうしてもあります。

なので、個人的には「まずは無料体験だけやってみる」というのがおすすめです。

気に入れば、そのまま入会すればいいし、気に入らない・合わないかもと思ったら、別のオンライン英会話を試したり、ちょっと保留にすればいいだけです。

でも、「いろいろオンライン英会話を試したけど、どれがいいかわからない」という人は、まずはスパトレをおすすめします。

僕は無制限のプランを利用していますが、1日1回のプランなら3000円程度で1ヶ月間利用できます。

他のオンライン英会話だと、最低が5000円くらいからだったりするので、お試しするにはちょっと高いです。

自分にはどういう英語学習が合っているのかを見極めるのにも、スパトレはおすすめです。

コスト的にも内容的にもお得なスパトレをぜひ試してみてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です