バンクーバー?それともトロント?ワーホリ・留学するなら、おすすめはどっち?トロント編

こんにちは、くるぶしです。

現在、カナダのバンクーバーにて海外ニート生活中です。

カナダにワーホリ、もしくは留学される方は、「どの都市に渡航するか」を迷いますよね。

カナダは複数都市がありますが、主要都市のバンクーバーにするか、トロントにするか迷われている方が多いと思います。

僕は、ワーホリ期間中にトロントに半年、バンクーバーに半年住んでいました。

今回は現地に住んだ感想も踏まえて、トロントのメリット・デメリットを紹介します。

トロント基礎情報

カナダ一の大都市・トロント

僕は、トロントに12~7月の間住んでいました。

カナダ一の大都市のトロントは、交通や経済など、他都市の比べると発達しています。

北はモントリオールやケベック、南はアメリカのニューヨークと旅行もしやすいのが魅力の一つです。

メリット

トロントに住み、通常の生活や仕事をしてみて感じたメリットは以下の通りです。

・都市なので交通が便利

・日本人が少なく英語環境を作りやすい

・イベントが多い

・公園が多い

以上、4点となります。

順番に解説していきます。

都市なので交通が便利

トロントでは、TTCという交通機関があります。

TTCが運営するバス・電車・ストリートカーは、同じ定期で乗り放題です。

基本的には電車で移動して、残りをバスやストリートカーで補うという感じで利用ができます。

電車は3~5分おきくらいに来るので、通勤・通学にも便利です。

トロントの交通機関・TTCの利用方法ガイド。バスや電車の乗り方を解説します。

日本人が少なく英語環境を作りやすい

多くの日本人や既に移民している日本人は、たいていバンクーバーにいます。

そのためトロントは、バンクーバーと比べるとかなり日本人の割合が少ないです。

トロントに半年間住んでいましたが、日本人を見た回数も数回程度でした。

語学学校も同様です。

僕が通っていた語学学校は、自分を含めて日本人は3人程度でした。

4月以降は少し増えましたが、それでも合計で6人程度。

バンクーバーだと、「クラスはほぼ日本人か韓国人」と聞きます。

トロントではそんなことはなかったです。

仕事も同様で、ジャパレス(日本食のレストラン)でもない限り、日本人を見かけることは少なかったです。

日本人がいないイコール、自ずと英語しかコミュニケーションの手段がなくなるので、英語環境を作りやすいということになります。

イベントが多い

都会ということもありイベントが多いです。

というのも、多くの移民がカナダのトロントにやってきます。

有名どころですと、リトルイタリー(イタリア)やチャイナタウン(中国)、さらにはギリシャタウン(ギリシャ)とありました。

国によってイベントが開催される月があります(中国だと2月が正月)

イベントに事欠くことがないのが大都市・トロントの魅力です。

公園が多い

都市なので、山や川といった自然は少ないです。

その分、公園はいたるところにあります。

公園も広いので、友達とフリスビーやバトミントンなど、屋外でスポーツを楽しみやすいです。

運動以外にも、何もせずにカフェなどで飲み物や食べ物をテイクアウトして、公園で友達とおしゃべりしながら過ごすのも楽しいですよ。

トロントの夏は、少し暑いです。

でも湿度は、日本よりは少ないです。

木陰に入るとひんやりするので、過ごしやすいです。

デメリット

次はトロントのデメリットについて紹介します。

・都市なので、閉鎖的で空気が汚い

・冬は極寒、マイナス30を体感

・ネイティブには出会いにく

・自然が少ない

デメリットは以上の4点となります。

順番に解説します。

都市なので、閉鎖的で空気が汚い

都市ならではと言いますが、日本の東京や大阪に住んでいる方はイメージしやすいと思います。

ビルは競い合うように高く空が見えずらいです。

また、排気ガスなども大量に排出されているので、空気も汚い。

冬場だと雲で空が覆われているのが毎日のように続くので、閉鎖的な印象を受けます。

冬は極寒、マイナス30を体感

トロントの冬はなんせ寒いです。

寒いを通り越して、もはや痛いです。

室内に入れば、セントラルヒーターのおかげでコートを手放せるほど暖かいです。

が、外は極寒です。

手袋にニット帽など完全防寒は必須。

携帯も寒さのせいでバッテリーの消耗が激しいです。

4月でも雪が降ったりします。

冬が長いので、寒いのが苦手という方には絶対おすすめしません。

ネイティブには出会いにく

どこの職場もですが、基本的にネイティブに出会うことは少なかったです。

もちろん僕の英語力も原因の一つですが、ジムですらネイティブに会うことはなかったです。

※どうやって判断しているかというと、アクセントです。

やはりネイティブでない方ですと国特有の訛りがあるので、わかります。

僕の印象ですが、

・トロントではまだ移民してきた一世世代が多い

・バンクーバーは、移民してきた人の子供の二世が多い

と思います。

そのため一世の世代の彼らも英語を勉強中

彼らの子世代はネイティブになりますが、まだだいぶ先の話ですね・・・

もちろんネイティブもいましたが、バンクーバーほどは出会わなかったので、そう感じました。

自然が少ない

これは人によってはデメリットでもなんでもないかも知れません。

バンクーバーと比べると自然が少ないです。

僕はハイキングが大好きです。

なので、自然が少ないと感じるかも知れません。

トロントにいると「日本とあまり変わらない」という感覚を味わうことが多かったです。

それは僕が大阪に住んでいたからというのもあるからです。

海外は自然が多いと聞きます。

自然を満喫したいという方には大都市・トロントはあまりおすすめできません

また、アクティビティ好きの方も同様です。

トロントは、美術館や博物館など鑑賞する建物やイベントが多いので、あまりおすすめはできません。

まとめ

以上、トロントのメリット・デメリットでした。

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(カナダ)へ
にほんブログ村

ワーホリ・留学するなら、バンクーバー?それともトロント?おすすめはどっち?バンクーバー編

「ゆるホリ」というPodcastsもやってます。

こちらも参考にどうぞ

3.カナダは安全?治安について

<note紹介>

休日のしょうもない一コマについて書いてます。

休日の出来事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です