イギリスにはどんな服を持っていたら良い?おしゃれさん必見、YMS・ロンドン留学に必要な服とは?

 

こんにちは、くるぶしです。

現在、YMSにてイギリスワーホリ中です。

昔はアパレルで働いていたほど、服が好き・オシャレが好きなタイプでした。

今は、まあまあ・・・

でも、イギリスロンドンといえばファッションの街なので恥ずかしくない程度にはおしゃれしたい!

という気持ちがあり、服をいっぱい持ってきました(ほぼユニクロだけど)

今回は、イギリスでのファッション事情について解説します。

 

現地で服が買えるから服は不要。服が安いおすすめのお店はどこ?

いきなり結論ですが、服は持っていかなくて良いです。

理由は現地で安く買えるから。

順番に解説していきます。

 

イギリスの服は安い?物価は高い?

イギリスって物価高いのでは?」と思うかも知れませんが、それでも安いです。

しまむらやグローバルワークくらいの値段相当のお店がいくつかあります。

Tシャツとかセーターが5~10ポンドくらいで買えるので、日本円で換算しても高すぎることはないと思います。

 

ちなみにユニクロもあります。

イギリスのユニクロHPはこちら

日本円で換算すると、ちょっと高い(ジーユーとか激安ですもんね)かもですが、ポンド換算だと普通くらいかな

例:ユニクロのエアリズムマスクが日本だと990円
  イギリスだと、£990

 

海外の服のサイズは日本人には大きい?子供服がおすすめ

海外だとサイズが大きいのでは?」と思うかも知れませんが、普通に小さいサイズも売ってます。

抵抗なければ子供用とかも視野に入れてもいいかもですが、海外のファストファッションのH&Mを想像してもらえれば分かりやすいと思います。

他のお店(ブランド)もサイズ感は大体同じです。

ブラジャーなどの下着だと大きいこともあるかもですが、

Victoria’s Secretとかだと日本人の体型にもある下着があるので、大丈夫です。

まあ、服よりかは下着系はしっかり持ってきた方が良いかもですね。

ちなみに子供服だと、イギリスでは消費税がかからないらしいです。

なので、むしろ子供服を買う方がよりお買い得!

 

イギリスの服が安いお店はどこ?おすすめのファッション店は?

・サイズは問題ない

・値段もそれほど高くない

ということがわかったところで、どこで買えば良いのか

について解説します。

 

日本のしまむら?Primark(プライマーク)は服だけでなく湯たんぽも購入可能

PrimarkのHPはこちら

最近、しまむらもおしゃれになってきてますが、決してPrimarkがダサいから「しまむら」と表現してわけではありません。

置いている服はベーシックなアイテムが多いですが、服だけでなくスポーツウエアや寝巻きや枕などの寝具だったり、植物なんかも売ってたりします。

ざっくばらんに売っているので、「しまむら」と表現しました笑

ちなみに「湯たんぽ」探してる方はprimarkに売ってます。

とりあえず、困ったらPrimark行けば間違いないかなと

裏側がボア(毛布みたいなやつ)になったタイツとかも売ってます。

あと、ウルトラライトダウン的なのも売ってました。

しかもユニクロよりも安い笑

ただ、すぐに売れちゃうみたいなので、見かけたら早めに購入した方がいいです。

 

ポーランド初のブランド、Reserved(リザーブド)

RESERVED(リザーブド)のHPはこちら

ポーランドのカジュアルファストファッションブランドです。

個人的にはH&Mやグローバルワークくらいの価格帯

デザインも「ポーランド、スタイリッシュだな〜」って感じでシンプル・綺麗め系です。

最近では、広告にケイト・モスを起用したことでロンドンの幅広い層を魅了したことも話題になりました。


また、日本では見かけないような色合いの服も多い(ミントグリーンのアウターとか)ので、ちょっと珍しいカラーを探している人にもおすすめです。

 

まだまだある安くておすすめなブランド

個人的には上記2つのPrimarkやReservedがおすすめですが、安いお店はまだあります。

・Next(ネクスト) HPはこちら

・TOPSHOP(トップショップ)  HPはこちら

・H&M(エイチアンドエム) HPはこちら

・New Look(ニュールック) HPはこちら

・River Island(リバーアイランド) HPはこちら

などなど、様々です。

ぜひ、HPや実際のお店に立ち寄ってみてください。

 

靴を買うならイギリス発ブランド:Dr.marten(ドクターマーチン)or New Balance(ニューバランス)

服以外にも靴もおすすめです。

まず、イギリス発のブランド:ドクターマーチン HPはこちら

日本と比べると5,000~10,000円くらい価格が安いです。

 

ニューバランスに関しては、イギリス発のブランドではありませんが、UKデザインがあります。

これも日本で買うより安いのでおすすめです。

New balanceのHPはこちら

 

乾燥肌、肌が弱い人には綿100%の服がおすすめ

海外は日本よりも乾燥することが多いです。

大気中の空気が乾燥しているのが一番の理由ですが、他にも

水の違い 日本は軟水、イギリスは硬水

室内のラグに水分が奪われる フローリングの部屋がおすすめ(ラグだと暖かいけどね)

暖房が強い カナダでもそうでしたが、室内いるとかなり暖かい(半袖で入れる時もあるほど)ので、暖房で乾燥します。

などあります。

日本から服を持っていく際に乾燥肌な人はご注意を

 

どんな仕事をするかで持っていく服も変わる

YMSで渡航する人は仕事すると思いますが、どういう仕事をするか・したいかも考えておきましょう。

例えば、オフィス系の仕事をしたいなら男性ならスーツ・女性ならジャケットなどが必要になってくると思います。

また、飲食店で働く人は基本的にはトップスはお店のTシャツなどをもらえると思いますが、ボトムスは自分で用意する必要があります。

お店に寄って、「黒のデニムのみ可」とか指定がある可能性もあります。

僕はカナダとニュージーランドのワーホリの経験から「黒のデニムとスエットパンツ」は用意してました。(もちろんユニクロ)

幸い、今現在働いている飲食店では、ボトムの指定はなく、動きやすいようにスエットパンツを使ってます。

さらに飲食店だと、靴も重要になってきます。

指定があるところもありますが、キッチンで働く場合は指定がありません。

でも、キッチンだと靴も汚れやすいので、個人的にはクロックスを持って行き場よかったなと思いました。

 

これなら、汚れてもいいし、水に濡れたりもしません。

もし飲食店で働かないにしても、室内ばきにも利用できますしね。

 

イギリス以外でも服は本当に持っていく必要がない

僕はカナダ・ニュージーランド・イギリスとワーホリを経験してたどり着いた結論です。

どこの国に行こうが服は必要ありません。

もちろん最低限は必要(おしゃれ着1着とかダウン1着だけとか)ですが、本当に最低限でいいです。

イギリスはファッションの国なのでおしゃれしなくては

と思うかも知れませんが、ファッションの国なので服屋はいっぱいあります。

上記で紹介した安いお店もたくさんあります。

現地で購入した方が、現地の環境に適したように作られてるので、意外と使いやすかったりもします。

 

反対に、カナダ・ニュージーランドは服屋がありません。

服屋がないってどういうこと?」って感じですが、服屋がないのです笑

服屋がないということはつまり、「誰も服装に気を配らない」ということです。

H&Mとかはあるので、もし「これが必要」となれば、そこで購入すればいいだけです。

基本的には、

・夏はTシャツに短パン

・冬はその上にコートやダウンを羽織るだけ

みたいな感じです。

 

まとめ

以上、イギリスの服事情でした。

服って一番必要だけど、嵩張るし重いですよね。

服は最低限にして、他の荷物(化粧水とか食料とか)を持っていった方が良いと個人的には思います。

スーツケースが重いと、移動もしんどいですしね。

また、ワーホリだと引っ越しも気軽にできるので、そういう時にも荷物は少ない方が動きやすいです。

快適な海外生活を送るためにも服は削っていきましょう。

 

<note紹介>

noteにておもしろ情報を掲載中

note以外の活動はこちら

 

<外国編>

・カナダのコンドーム事情について

・日本人の女の子とセックスしたい外国人(カナディアン編)

・日本人の女の子とセックスしたい外国人(ブラジル編)

 

<珍事件編>

・夏に起こったしょうもない出来事について

・休日のしょうもない一コマについて

 

<タイ旅行記編>

・タイ風●レポ・ゴーゴーバーとナナプラザ

・タイのバンコクで逆ナンされた話

・タイの風●店のレポ・テーメーカフェ

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です