留学・ワーホリで海外送金するならTransferWiseが安くて簡単で送金が早いからおすすめです

 

こんにちは、くるぶしです。

現在、イギリスにてワーキングホリデー中です。

ワーホリや留学をしていると

・日本からお金を送金したい

・ワーホリで稼いだお金を日本に送金したい

・しかも安く簡単に!!

という人も多いかと思います。

今回は、そんな海外送金について解説します。

 

海外送金を安く簡単に!トランスファーワイズがおすすめ

結論から言うと、TransferWise(トランスファーワイズ)と言うサイトを利用するのがおすすめです。

HPはこちらから

理由は、

・手数料が安い

・手続きが簡単

・すぐに入金される

からです。

順番に解説していきます。

 

手数料が安い海外送金・TransferWise

海外に行った際や、日本に帰国した際に、現地の通貨に換金する時の手数料をなるべく安く変えたいですよね。

TransferWiseは手数料が安いことで有名です。

例を出すと、日本からイギリスに10万円を送金する場合の手数料は670円前後程度です(2020年11月時点)

送金する金額やタイミングによって、手数料は変わりますが、空港や街中の換金所で換金するより、かなり手数料は安く抑えられます。

 

ちなみにいろんな国籍の人(アメリカ、イギリス、スペインやコロンビアなど)に聞いたところ、みんな海外送金はトランスファーワイズを利用しているとのことでした。

日本人だけでなく、英語圏やそれ以外の国籍の人も利用してておすすめしてくるので、なんか安心感もありますよね笑

 

登録手続き簡単!

海外送金って手間だったり、難しそうなイメージがありませんか?

安心してください!!

トランスファーワイズは簡単にできます。

世界中で使われているサイトですが、日本語にも変換できるので、英語が苦手な方にも安心です。

下記のリンク先から日本語サイトに飛べます。

500GBP(日本円で約68,000円程度)までの送金の手数料が無料になるので、ぜひ使ってみてください。

トランスファーワイズ(日本語版)

 

海外からでも日本からでも登録は可能です。

登録する際は、運転免許証やパスポート、マイナンバーカードなどが必要になるので、準備しておきましょう。

手続き方法もわかりやすいですが、もしわからないという方はこちら

公式HPで画像付きで開設方法について説明されています。

 

口座開設だけしたい方(日本にいるうちに口座開設を済ませよう)

ログイン後、メールアドレスやパスワードを入力する画面になります。

任意のメールアドレスとパスワードを入力しましょう。

まだ送金先(現地の銀行)がないので、送金金額を入力するページは現地で銀行口座を開設できてからでOK
 
金額などは適当に入力すればOKです。
 
下の方の「送金手続きへ」を押して個人情報を入力するページに進んでください。

 

 

入金も早い

入金はとにかく早いです。

早ければ当日中に完了することもあります。

なので、現地についたらひとまず銀行口座を開設しましょう。

それから入金手続きを行えば翌日から3日以内くらいには入金されています。

それくらい早いので、とにかくさっさと銀行口座を開設しましょう。

イギリスの銀行口座開設ならオンライン銀行のMonzoがおすすめです。

YMS・イギリス留学ではオンラインバンクMonzoでの銀行口座開設がおすすめ

 

 

トランスファーワイズの利用例(海外送金の流れを解説)

長々と説明してしまいましたが、もし海外にて日本から送金したい場合の手続きは以下の通り

イギリスを例とします。

①イギリスで銀行口座を開設

②日本の住所で本人確認→送金手続き

③TransferWise経由で日本の銀行からご入金→イギリスの銀行口座に送金

 

また、イギリスでの生活が終わり、日本に帰国する場合

イギリスで稼いだお金などを送金する場合は、マルチカレンシー口座を使用することで、日本の住所のまま、送金が可能です。

そのためイギリスでの住所の登録手続きなどは必要ありません。

 

TransferWiseの注意点

海外の住所で本人確認や登録を行うと面倒。

まず、日本円の入金というのが日本(日本の住所)から出ないとできません。

なので、もし海外で登録手続き(海外の住所を登録)などしてしまうと、日本の銀行から入金ができなくなります。

理由としては、日本からの海外送金というのがルール的に厳しいらしくてとのことです。

そのためもし、登録情報(アカウント)を日本の住所から変更すると、日本円からの送金は一切できなくなります。

ご注意ください。

 

日本からは発行不可?トランスファーワイズのデビットカードを発行するには?

上記の内容と矛盾するような話になるのですが、トランスファーワイズのデビットカードは海外の住所でないと発行ができません

もし、デビットカードを発行したい場合は、

①日本からトランスファーワイズの口座に入金(日本の住所で登録時)

②海外にて海外の住所の証明・登録

③デビットカードの申請(発行手数料として5GBPが必要)

④登録した住所にデビットカードが届くので、受け取り後の手続きを行う

という流れになります。

ただ、これは必ずしも発行しないといけないモノではありません。

トランスファーワイズのデビットカードを作りたい場合の話ですのでご安心を。

基本的には、日本の住所の登録のままで大丈夫です。

 

まとめ

以上、海外送金についてでした。

海外に現金を持って行き、現地で換金する方法が一番わかりやすいです。

しかし、手数料が高かったり、大金を持ち歩くのは怖いですよね。

そんな不安や手間を解消するためにもTransferWise(トランスファーワイズ)はお勧めです。

これから海外に行く方はぜひ、日本にいる間に、本人登録や口座解説をしておきましょう。

HPはこちらから

 

これから海外生活・留学をする方の参考になれば幸いです。

 

 

全然キラキラしてない海外生活をコンセプトにインスタのアカウント作りました。

リアルな海外生活がここにある!?ぜひ、見て行ってください〜

インスタのアカウントはこちら

 

<note紹介>

noteにておもしろ情報を掲載中

note以外の活動はこちら

 

<外国編>

・カナダのコンドーム事情について

・日本人の女の子とセックスしたい外国人(カナディアン編)

・日本人の女の子とセックスしたい外国人(ブラジル編)

 

<珍事件編>

・夏に起こったしょうもない出来事について

・休日のしょうもない一コマについて

 

<タイ旅行記編>

・タイ風●レポ・ゴーゴーバーとナナプラザ

・タイのバンコクで逆ナンされた話

・タイの風●店のレポ・テーメーカフェ

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です