カナダの洗濯は週1回のみ?服は縮む?トロントとバンクーバーの洗濯事情を解説します。

こんにちは、くるぶしです。

現在、カナダのバンクーバーで海外ニート生活中です。

日本と違い海外では、

・洗濯は週1回のみ

・乾燥機で服が縮む

など聞いたことがあります。

僕はトロントとバンクーバーで合計4つの家に住んでました。

カナダの洗濯事情について解説します。

洗濯事情が知れたら、持っていく服も変わってくると思います。

服は縮む?

いいえ、縮みません

いきなり結論ですが、洗濯しても服は基本的には縮みません

特にユニクロの服は、どんなものでも縮みませんでした。

デリケートそうな、ヒートテックやエアリズムも縮みませんでした。

カナダワーホリ生活ではユニクロが最強アイテムすぎる!ヒートテックはいらない?

 

洗濯ネットは一応準備

 

 

服が縮まないというのも、100%とは言い切れません

服が原因で縮む場合もあれば、洗濯機が原因で縮むケースもあります。

念のため洗濯ネットをいくつか持ってくることはおすすめします。

僕は、ウルトラライトダウンやお気に入りの服は、念のため洗濯ネットに入れていました。

特にウルトラライトダウンのように、中に羽毛など入っているものは、注意が必要です。

洗濯機が原因になるか、それとも別の衣類になるかは不明ですが、もし穴が空いたら、中の羽毛も出てきてしまいます。

そんなハプニングを避けるためにも、洗濯ネットを利用しましょう。

カナダでも洗濯ネットは売っていますが、すぐに壊れたり、破れたりします。

日本で事前にいくつか購入しておきましょう。

ランドリーバックもあると便利

 

 

日本だと、自分の家の洗濯機の近くに着用した衣類を入れるカゴなどが合ったかと思います。

カナダで生活すると、多くの方は、他の住人と洗濯機をシェアするようになります。

そのため洗濯物も自分の手元で管理しないといけません。

洗濯する際も衣類を持って、洗濯機まで移動する必要があります。

ランドリーバックを用意しておきましょう。

ランドリーバックに入れておけば、移動や着用した衣類の管理が楽になります。

洗濯は週1回のみ?

洗濯の回数も気になるところかと思います。

結論として、基本的には週1回

オーナーによっては週2回までOKでした。

個人的には、週2回のオーナーは優しい気がします笑

洗濯に関しては、各家や地域によって、洗濯のルールが異なります

洗濯の時間に注意

洗濯にかかる時間は、1時間

乾燥機も1時間。

合計2時間でした。

洗濯機をシェアするので、自分の後に待っている人もいます。

洗濯機や乾燥機の利用完了後は、すぐに取り出しましょう。

別の人が勝手に取り出して、使っていたりします

自分の衣類を触られるのが嫌な方は、注意しましょう。

僕も最初は嫌でしたが、慣れました笑

しかし、女性は慣れだけでなく、下着など触られたくないものもあると思います。

携帯でタイマーをかけておくと確実です。

トロントの洗濯事情

トロントでは、ホームステイとハウスシェアを経験しました。

各住まいの総括と解説を行います。

ホームステイの場合

・洗濯は週1回のみ

・ホストマザーが洗濯してくれる

・乾燥機も利用したが、乾きが悪いので、部屋干し

でした。

ホストマザーに確認しましたが、「洗濯は、週1回のみ」とのこと。

水道代や電気代が高いらしいです。

僕は最初は、衣類のほとんどを洗濯ネットに入れていました。

そのためか、乾燥機を利用しても衣類が全然乾きませんでした。

そのため部屋干ししてました。

しかし、住んでいたのは12月の冬。

室内は暖房があり、暖かいですが、乾燥します。

乾燥対策になりました。

また衣類も部屋干ししているにも関わらず、半日ほどで乾きました。

ハウスシェアの場合

カナディアンのオーナーとハウスシェアをしていました。

あくまでその家でのルールですので、参考までに

・洗濯は週2回までOK

・平日は19時から22時まで

・土日は7時から22時まで

・洗剤などは各自で用意

上記の条件でした。

時間制限について

平日や土日の時間制限がありました。

トロントでは、平日は19時以降が電気代か水道代の料金が安くなるようです。(どっちかは忘れました。)

そのため、洗濯は夜19時から利用している人が多いです。

22時までというのは、洗濯機がオーナーの寝室の横にあるからです。

オーナーが高齢の方で、22時以降は寝るので、22時までが制限でした。

土日の場合は、問題ないですが、平日の場合だと、時間がカツカツでした。

洗剤について

洗剤は各自用意です。

ただ、この辺も家によって違います。

友人の家は、洗剤はオーナーが用意してくれて、自由に使って良いとのことでした。

しかし、カナダの洗剤は、それほど高くなく、日本ほど大量に使いません。

そのためそれほど、お得には感じませんでした笑

ちなみに利用している洗剤はこちら

Tideという洗剤がおすすめです。

※お値段は参考までに

青い液体の洗剤です。

いい匂いします。

メモリが5段階くらいありますが、2段階目くらいまでで十分とカナディアンのオーナーに言われました。

使う量が少ないので、5ヶ月くらい利用できました。

洗濯後は、時に匂いを感じません笑

ドラッグストアやスーパーなど、どこでも購入可能です。

また、この洗剤を使って、肌荒れも起こりませんでした。

洗剤によっては、肌荒れを起こす可能性があります。

なので、個人的にはおすすめです。

バンクーバーの洗濯事情

続いては、バンクーバーでの選択事情です。

ハウスシェアとルームシェアをしていました。

ハウスシェアの場合

・洗濯は週1回

・7時から23時まで利用可能

・洗剤は各自で用意

コリアンのオーナーでした。

洗濯は週1回のみと言われましたが、オーナーが常に家にいません。

週2回利用している人もいました。

時間制限は、寝ている人もいるからです笑

洗剤は各自用意で、洗濯機の近くにみんな置いていました。

ただ、たまに他の人が利用したのか、少し減っていることも・・・

やはり基本的には自己管理した方が良いですね。

 

ルームシェアの場合

・洗濯に4ドル必要

・時間制限なし

・利用回数制限なし

・洗剤は各自で用意

 

こちらの物件では、洗濯時に2ドル。

乾燥時に2ドル必要でした。

しかも1ドル硬貨でないとダメなので、用意するのが結構手間でした笑

ただ、お金が別払いのため利用制限はありませんでした。

また利用する時間も制限がありません。

ただ、利用者が多いので、他の人とタイミングが被りやすいです。

稀に、この物件のように「洗濯代は別」という物件もあるので、家を探す際は注意しましょう。

カナダのシェアハウス。バンクーバーとトロントの家探しを紹介します。

 

洗濯の仕方をレクチャー

海外の洗濯機ってドキドキしますよね。

難しくありませんのでご安心を。

また、基本的にはオーナーが利用方法など教えてくれます。

洗濯機の場合

画像は洗濯機のものとなります。

洗濯機のタイプにもよりますが、カナダの洗濯機は以下のものを設定できます。

soil level:汚れ具合(3~5段階くらい)

wash temp:水の温度(3~5段階くらい)

fabric selector:洗濯の強弱(3~5段階くらい)

だいたいこの辺のスイッチが関係あります。

基本的にはnormalを設定しておけば大丈夫です。

気になる方は、delicateで良いと思います。

ガンガン洗いたい人は、hardとかあります。

ただ、お湯の温度は、normalくらいにしておきましょう。

hotは本当に熱湯です。

僕は一度利用しましたが、プリントTシャツが少し溶けて、くっついてました笑

裏返しにして洗っていたので、他の衣類へは影響なし。

 

乾燥機の場合

乾燥機は、洗濯機と設定はそれほど変わりません。

normalで十分です。

また、タイマーもあったりします。

タイマーは40~60分くらいで良いと思います。

あまり長くやったり、高温でやると服が縮む恐れがありますので、ご注意を。

最初は様子見しながら

上記の内容は、あくまで僕が今まで利用した洗濯機・乾燥機のお話です。

洗濯機や乾燥機の性能によって、ボタンの種類や設定も変わってきます。

利用方法は、すでにいる住民に確認して、少しずつ慣れていけば良いと思います。

コインランドリーを利用することもある

稀にですが、物件によっては、家に洗濯機も乾燥機も設置されていないことがあります。

そんな時はコインランドリーを利用しないといけません。

夏は、いいですが、冬は大変です。

トロントは雪、バンクーバーは雨。

衣類を持ち歩く負担があります。

また、盗まれる可能性もあるため、洗濯中はコインランドリーから離れることができません。

出来るだけ、利用しないで住む物件を探しましょう。

業者に依頼することも

仕事の関係で、大学に寝泊まりしていたことがありました。

そこでは週に1回、業者に洗濯をしてもらっていました。

洗剤もいい匂いがして、服もしっかり乾いていました。

洗濯ネットに入れていましたが、綺麗に畳んで返ってきました。

服も縮んだりはなかったので、もし僕と同じように業者を利用することがあれば、参考までに

ハンガーなどあると便利

 

 

服が完全に乾かないこともあります。

また、部屋の乾燥対策のため、あえて部屋干しする方もいると思います。

そんな時のためにハンガーを数本用意しておくといいでしょう。

ハンガーは基本的には、住居にいくつかあり、利用ができます。

しかし、1週間分の衣類を干すほど数はありません。

そのため数本でいいので、持ってきておくと利用しやすいと思います。

また、靴下やハンカチなど、細かいものを干すようにも、こちらがあると便利です。

 

 

必須というわけではありません。

ご参考までに

まとめ

以上、カナダの洗濯事情でした。

この記事が少しでも参考になれば幸いです。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(カナダ)へ
にほんブログ村

 

「ゆるホリ」というPodcastsもやってます。

こちらも参考にどうぞ

9.カナダの洗濯事情について

 

<note紹介>

カナダで知った外国人の夜事情についてまとめてます。

カナディアン編

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です