カナダの銀行の利用ガイド。ATMから給料の受け取り方法まで解説します。

こんにちは、くるぶしです。

現在、カナダのバンクーバーで海外ニート生活中です。

前回の記事で銀行口座の開設方法を紹介しました。

カナダの銀行口座の開設方法。TDとBMOがお勧めです。

 

今回は、開設後の利用方法についてお話しします。

日本とは違い英語での表記に困惑する方も多いと思います。

僕もそうでした笑

英語ができなくても大丈夫なので安心してください。

Chequing account とSaving account

まず、銀行を利用する前に知っておくべきワードがあります。

それは、Chequing accountSaving accountです。

銀行口座を開設した場合、この2つのアカウントが自動で設定されます。

Chequing account 

日本の銀行でいうと、当座預金口座のようなものです。

ATMでお金のやり取りやデビットカードの使用などに利用します。

ワーホリや留学の方、こちらの口座のみ使っていれば大丈夫です。

Savings account 

定期預金口座のようなものです。

多額の貯金目的や預金をしたい方向けのaccountなので、ワーホリや留学の方にはあまり関係のない口座です。

ATMの利用方法

Chequing account とSavings accountが理解できたら、銀行のATMを利用しましょう。

画像はTDのATMですが、基本操作は他の銀行でも変わりませんので、参考までに。

引き出し手順

①銀行のカードを入れます。

②銀行口座開設時に指定した4桁のPinコードを入力します。
念のため手で番号を隠しながら打ちましょう。

Withdraw(またはCash Withdraw)を選択します。

④Chequing account かSavings accountのどちらの選択するように出ます。引き出したい口座を選びましょう。

⑤いくら引き出したいかなど、画面の指示通りに行えば大丈夫です。

⑥お金を引き下ろした後は、お金とカード、レシートの取り忘れがないか確認しましょう。

 

入金手順

①銀行のカードをATMに挿入します。

②銀行口座開設時に設定した、暗証番号(4桁のPINコード)を入力しましょう。

③Depositを選択します。

④Chequing account かSavings accountのどちらのaccountに入金するのかを選択

③Cash(現金)かCheques(小切手)のどちらを入金するのか選択

④Cash(現金)もしくはCheques(小切手)をATMに入れます。
金額を確認し、問題なければOKやFinishのボタンを選択

⑤カードやレシートを受け取り取引完了となります。

カナダの銀行は、入金時に現金を封筒に入れる必要がある」という話もあります。

しかし、最近は改善されてきて不要になりました。

銀行によっては、封筒をマシーンの近くに設置してある場合もあります。

ただ、入金時は金額に誤りがないか、ご自身で必ず確認しましょう。

給料の振込方法

カナダでお給料をもらう際に職場によって貰い方が違います。

貰い方は、3種類

①小切手をもらう

②銀行口座に振り込まれる

③現金手渡し

④TD利用者限定・アプリからも入金可能

となります。

順番に説明します。

①小切手をもらう

小切手は、Chequesと言います。

個人的には、このパターンが一番多いのかなと思います。

僕は、10個の仕事をしましたが、ほぼ全てこの方法で給料をもらってました。

小切手をもらったら、銀行に行きましょう。

窓口で小切手とカードを提示すれば、口座に入金してくれます。

その時に、「どの口座に入金するか」と聞かれます。

Chequing」と答えましょう。

ATMでも入金可能です。

入金方法は、上記に記載した「入金手順」と同じです。

給料は、入金した際に金額の表示は正しいのですが、実際に引き出せるようになるには数日かかりますので、ご注意を。

 

②銀行口座に振り込まれる

こちらは、仕事を始めた際に職場に銀行の情報など聞かれるかと思います。

職場の指示に従いましょう。

給料明細もくれると思うので、給料日になったら、金額に間違いがないか確認しましょう。

日本の銀行と違い、どういう情報を教えたらいいのか難しいと思います。

銀行のコードであったり、自分の銀行の口座番号であったり色々あります。

混乱しますが、職場で確認しましょう。

銀行のコードについては、記事の最後に記載してますので、参考にどうぞ

 

③現金手渡し

税金の関係上、このケースは少ないです。

働いた期間が短い(1日や2日など)場合や、ブラックな職場だと起こり得ます。

大金の場合は、持ち歩くのも怖いので、さっさと銀行に入金しましょう。

 

④TD利用者限定・アプリからも入金可能

TD利用者のみとなります。

①TDのアプリをダウンロード

②アプリにログインし、Depoitを選択

③Chequing account かSavings accountのどちらかを選択し、入金金額を入力

④Cheques(小切手)の両面を写真撮影

⑤Finishを選択して、取引完了となります。

※念のため、入金が完了しているかオンラインで確認しましょう。

また、オンラインですので、自宅など利用するネット環境にも注意しましょう。

デビットカードとしても利用可能

便利なデビットカード

銀行の口座開設時にもらったカードは、銀行でお金のやり取りをするだけではありません。

デビットカードとしても利用できます。

ショッピングに、食事に、カフェにほぼ全ての場所で使えます。

銀行カードに自動でデビットカード機能がついてくることから、「カナダはカード会社」と言われる要因の一つだと思います。

 

支払い方法

レジでお会計の際に、機械にかざすだけで支払いが可能です。

暗証番号の入力もかざす場合は不要です。

または、機械にカードを挿入、もしくはスライドするタイプもありますが、挿入が一番確実です。

多くの機械がかざすだけでOKです。

ただ、もし紛失したら、悪用されやすいのでご注意を。

デビットカードの注意点

使いすぎには注意

デビットカードは、「使用回数」があります。

これは、毎月更新されます。

例えば、使用回数が20回とすると、20回は問題なく利用できます。

そして、それ以上その月に使わなければ、翌日に使用回数はクリアされて、再度20回利用できるようになります。

しかし、ここで一つ注意点があります。

使用回数を超えても、デビットカードの利用は可能です。

なので、21回目、22回目と利用ができます。

しかし、使用回数を超えての利用は手数料がかかります。

僕は知らずに利用しまくっていて、50ドルくらい無駄にしてました笑

使用回数は、銀行や契約プランによって異なります。

カナダはカード会社と言われていますが、現金でしか支払いできないところもあります。

現金もまだまだ利用が活発です。

ある程度の現金を持ち歩いたり、使用回数をきちんと確認するなど、注意してデビットカードは利用しましょう。

残高ゼロでもデビットカードは利用可能

デビットカードは、もう一つの怖い、一面を持っています。

なんとカナダでは、自動的に銀行から借金が出来てしまいます。

例えば銀行残高がゼロの場合でもなんの警告もなく、デビットカードが利用できます。

自分の口座を見ると、マイナスと書かれた金額が表示されます。

借金できる金額は銀行や契約プランによりますが、お金がないにも関わらず使えてしまうデビットカードは怖いですね。

使いすぎには注意しましょう。

カナダの銀行コード

銀行名 銀行コード
Royal Bank Of Canada (RBC) 003
TD Canada Trust (TD) 004
Bank of Montreal  (BMO) 001
Bank of Nova Scotia (Scotiabank) 002
Canadian Imperial Bank of Commerce (CIBC) 010

 

給料を銀行振込をしてくれる職場だと、上記のようなコードが必要になってきます。

他の銀行をご利用の方は、こちらからどうぞ

銀行コードだけでなく、ご自身の口座の番号などの必要になるので、職場の人に確認しながら処理しましょう。

まとめ

以上、銀行の利用方法についてでした。

お金に関することもあり、最初は緊張しますよね。

でも、すぐに慣れていきますので、ご安心を

この記事が参考になれば幸いです。

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(カナダ)へ
にほんブログ村

<note紹介>

カナダで知った外国人の夜事情についてまとめてます。

ブラジル編

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です