カナダから荷物を日本に送るならクロネコヤマトがおすすめ。注意点も解説します。

こんにちは、くるぶしです。

現在、カナダのバンクーバーで海外ニート生活中です。

カナダのワーホリ・留学もいよいよ終わり。

帰国直前になり、荷物の整理に焦りますよね。

あれもこれもと持って帰りたいけど、キャリーケースはパンパン。

そんな時に利用できる、航空便「クロネコヤマト」のバリューパック

今回は、荷物を送る際の注意点も合わせて解説します。

 

クロネコヤマトのサービス内容

梱包サイズについて

箱は3つのサイズがありますが、どのサイズも25kgまで荷物を詰めることができます。

料金も箱によって異なります。

Sサイズ:60ドル
横25.5cm × 縦33cm × 高さ 10cm

Mサイズ:85ドル
横29.5cm × 縦39.5cm × 高さ 17.75cm

Lサイズ:110ドル
横33cm × 縦46cm × 高さ 25.5cm

 

25kgまでなら詰め放題です。

自分の送りたい荷物を確認してサイズを決めましょう。

 

日本に届く日数

基本的には、預けてから7~10営業日目安で届きます

航空便だから早いので、安心です。

さらに日本への配達時間も選べるので、安い・早い・安心

と三拍子そろったサービスです。

クロネコヤマトが利用できる場所

クロネコヤマトのサービスは以下の箇所で利用ができます。

・lifevancouverオフィス(住所:602 W. Hastings S)
ウォーターフロント駅近くの602と書いてあるビルの7階

・fujiya(住所:912 Clark Drive Vancouver, BC V5L 3J8)
レジにて手続きができます。

 

購入する際は、箱代として3ドルの現金が必要です。

お釣りの出ないように用意しましょう。

ちなみに、クロネコヤマト本店でも購入できます。

しかし、なぜは箱代が5ドルと高くなります笑

なので、上記の箇所での購入をおすすめします。

注意点

実際にクロネコヤマトを利用して感じた注意点をまとめました。

荷物は詰め放題だけど、費用がかかる

25kgまで詰め放題ですが、入れる荷物が何なのか全て記入する必要があります。

同時に荷物の値段も記載する必要があります。

荷物の値段の合計が50ドルを超えると、追加料金として、50ドルをオーバーした金額 × 15%の料金が加算されます。

荷物は確かに詰め放題ですが、お財布事情的には全然詰め放題じゃないです・・・

 

靴はさらに費用がかかる

靴を送る際は、別途追加料金がかかります。

こちらも上記の荷物の料金とは別に靴1足に対して × 15%の料金を支払う必要があります。

 

規制が厳しい

カナダ国外に荷物を送るので、色々と規制があります。

食料品は合計10kgまでや使い捨てのカイロもダメなど、梱包するものに注意しないといけません。

禁品リストはこちら

 

2回行かないといけない

また、最初はダンボールだけ購入。

後日に荷物を詰めて再度行く必要があります。

ダンボールの蓋を閉めるガムテープはご自身で用意する必要があります。

箱を購入して、ガムテープを購入して、さらには荷物を持って再度、箱を購入した場所に荷物を持っていかないといけません。

キャリーケースのようにタイヤもついていないので、手で運ぶようになるので、割と手間です・・・

 

まとめ

以上、クロネコヤマトのサービスと注意点についてでした。

色々とものを日本に持って帰りたい気持ちはわかりますが、意外と高くついたり、手間がかかります。

お金や時間を考慮して、送るのものを厳選しましょう。

もし、不要なものがあれば売ったり、寄付したりして、処分しましょう。

目指せ!ミニマリスト!!

と言う気持ちで荷物の整理をしていきましょう笑

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(カナダ)へ
にほんブログ村

 

<note紹介>

休日のしょうもない一コマについて書いてます。

休日の出来事

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です